トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 連続した自転車走行空間の確保に関する社会実験を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月7日  青少年・治安対策本部

連続した自転車走行空間の確保に関する社会実験の実施について

 東京都では、自転車走行空間のネットワーク化に向け、大田区、江東区と連携し、複数の道路管理者(都道、区道)にまたがる道路における、連続した自転車走行空間の確保を目的とした社会実験を行いますので、お知らせします。

1 実施場所

  • 大田区池上駅周辺(池上通り(都道)、池上仲通り(区道)の約700メートル)
  • 江東区豊洲駅周辺(晴海通り(都道)、環状三号線(都道)、区道578号、区道579号の約1400メートル)

2 実施期間

  • 池上地区:平成25年2月14日(木曜日)~2月27日(水曜日)
  • 豊洲地区:平成25年2月18日(月曜日)~3月3日(日曜日)

3 実施内容

  • 道路の幅員等の状況に応じ、車道又は歩道部分に「自転車ナビマーク」を設置し、自転車の走行空間を確保します。
  • 実験の実施期間中に、自転車の走行場所別の交通量調査、交差点における自転車の走行方法の検証、自転車利用者・歩行者・自動車利用者へのアンケート調査をあわせて行います。
  • 詳細は、別添のリーフレットをご覧ください。

4 その他

 実験結果は、各調査結果を検証し、とりまとめの上、お知らせします。

※別添 リーフレット(江東区)(PDF形式:354KB)
※別添 リーフレット(大田区)(PDF形式:356KB)

※青少年・治安対策本部公式ツイッター https://twitter.com/tocho_aochi

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部交通安全課
 電話 03-5388-3190

ページの先頭へ戻る