トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 一級建築士を詐称し業務を行った者の告発

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月6日  環境局

一級建築士を詐称し、事務所登録がないまま業務を行った者の告発について

 都は、平成25年1月25日に、一級建築士を詐称して業務を行うなど、建築士法に違反する行為を行っていた、東京都知事登録の二級建築士を警視庁に告発しました。
 これまで、捜査に対する影響に配慮して公表を差し控えていましたが、本日、警視庁が東京地方検察庁に送致したので、告発の事実等について、下記のとおり、お知らせいたします。

1 被告発人

 鈴木均(すずきひとし)(昭和24年6月5日生まれ)
 二級建築士(東京都知事登録第35042号)

2 告発の事実

(1) 被告発人は、一級建築士の資格を有していないにもかかわらず、偽造した本人名義の一級建築士免許証の写しを添付して、建築確認申請等を提出していた。
(2) 被告発人は、二級建築士事務所鈴木建築事務所(東京都知事登録第9828号)の開設者かつ管理建築士であったが、当該事務所の登録有効期限内に更新手続を行わなかったため平成21年4月17日に登録が抹消されたにもかかわらず、他人の求めに応じ報酬を得て、設計等の業務を行っていた。

3 建築物の安全性の確認等

 被告発人は、平成4年から平成24年までの間、一級建築士の名称を使用して建築確認申請等に関与しているが、都内においては82物件に関与し、うち5物件は一級建築士でなければ設計等のできない建築物であった。
 この82物件については、関係特定行政庁で既に建築物の安全性を確認済みである。

※参考 鈴木均二級建築士の関与が判明した物件について

問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建築企画課
 電話 03-5388-3356

ページの先頭へ戻る