ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月5日  環境局

PCB廃棄物の不適正処理について

 東京都内の建物解体工事において、PCBを含有したトランスなどの電気機器6台を許可を持たない事業者へ処理委託され、不適正処分された事案が判明したことを受け、建設・解体関連団体に対し、下記のとおりPCBの適正処理について周知を依頼したのでお知らせします。

1 周知団体

  • 社団法人東京建設業協会
  • 社団法人東京建物解体協会
  • 一般社団法人東京都鳶工業会

2 周知依頼内容

  • PCB含有機器の有無の確認
    PCB含有機器は、建物解体前に建物所有者の責任で撤去・処分すべきものであるため、建築物の解体前にPCB含有機器の有無を確認すること
  • PCB廃棄物の適正な処理
    廃棄物処理法に基づく、許可等を受けずにPCB廃棄物の処理を受託しないこと
  • その他
    中小事業者等を対象とした東京都のPCB処理支援制度

(参考)東京都における中小事業者等対象のPCB処理支援制度

  • 高濃度PCB:処理費用の7割補助
  • 微量PCB:分析費用の半額及び処理費用の一部

※詳細については、別紙をご覧ください。

問い合わせ先
環境局廃棄物対策部産業廃棄物対策課
 電話 03-5388-3573

ページの先頭へ戻る