トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 東尾久浄化センター隣接敷地の土壌調査の結果等

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月5日  建設局

東尾久(ひがしおぐ)浄化センター隣接敷地のダイオキシン類土壌調査(先行調査)の結果等について

 環境局は、下水道局から東尾久浄化センター内の工事において表層を含む土壌でダイオキシン濃度が環境基準値を超過したとの報告を受け、当該地の隣接敷地において土壌調査を行うこととし(平成24年12月22日発表済み)、昨年12月に先行調査を実施し、本年1月から詳細な表層土壌調査を進めています。
 このたび、昨年12月に先行的に採取した土壌の調査結果が明らかになりましたので、お知らせします。

1 調査結果

 東尾久浄化センター隣接敷地の7箇所において、ダイオキシン類土壌調査を実施した。
 分析の結果、下表のとおり1箇所で環境基準値を超過した。

試料採取日

 平成24年12月24日

試料採取及び分析機関

 (公財)東京都環境公社東京都環境科学研究所

結果(採取箇所は別紙1参照)

調査対象地 採取箇所 分析値
(pg-TEQ/グラム)※
環境基準
(pg-TEQ/グラム)※
首都大学東京荒川キャンパス (1) 130 1,000
東尾久運動場 (2) 2.4
(3) 1.2
(4) 4.0
都立尾久の原公園 (5) 2,500
(6) 590
都営町屋五丁目第3アパート
区立町屋五丁目住宅
(7) 170

※pg(ピコグラム) 一兆分の1グラム
※TEQ ダイオキシン類の量を、最も毒性の強い2,3,7,8-四塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシンの量に換算した値

※別紙1 東尾久浄化センター隣接敷地のダイオキシン類土壌調査の試料採取箇所(平成24年12月採取分)(PDF形式:253KB)

2 今後の対応

 環境局は、引き続き隣接敷地内の約160箇所において、詳細な表層土壌調査を進めるとともに、隣接敷地において大気中のダイオキシン類濃度の調査を行う。
 建設局は、引き続き都立尾久の原公園の閉鎖を継続し立ち入りを制限するとともに、表土の飛散防止措置を行う。
 なお、下水道局は、これまでに東尾久浄化センター内の工事において重金属等に関しても基準超過を確認しており(別紙2 概要資料のとおり)、土壌汚染対策法及び東京都環境確保条例に基づき必要な手続き及び対策を行っている。
 これまで隣接敷地は、造成工事による盛土等がされており、表層部分に問題はないものと推定していたが、今回のダイオキシン類の先行調査の結果を踏まえ、隣接敷地の管理者等は環境局と連携して、造成履歴等の確認及び必要に応じた重金属等の土壌調査を実施していく。

問い合わせ先
(隣接敷地内のダイオキシン類及び重金属等の土壌調査について)
環境局環境改善部化学物質対策課
 電話 03-5388-3473
(都立尾久の原公園の閉鎖について)
建設局公園緑地部公園課
 電話 03-5320-5376
(東尾久浄化センター内の重金属等の調査結果について)
下水道局建設部工務課
 電話 03-5320-6668

ページの先頭へ戻る