トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 東京の緑・景観・屋外広告物に関する世論調査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月30日  生活文化局

「東京の緑・景観・屋外広告物に関する世論調査」結果

 この度「東京の緑・景観・屋外広告物に関する世論調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、東京の緑・景観・屋外広告物に関する都民の意識を把握し今後の施策推進の参考とするものです。

調査結果のポイント

東京の緑

  • 東京の緑の必要性-緑を増やしたり保全することが「必要だと思う」が96%
    必要だと思う理由「日常生活にうるおいや安らぎを与えてくれるから」75%
    「空気がきれいになるから」41%
  • 東京の緑を豊かにするために重要なこと
    「都市開発などのまちづくりにおいて、広場や歩行スペースなどの緑の創出を促進する」が39%
    「公園や街路樹などの新たな緑を創出する」21%

東京の景観

  • 後世に伝えたい東京を代表する景観
    「豊かな水と緑をかかえ、江戸城の名残をとどめる皇居周辺の街並み」が56%
    「奥多摩や高尾山、小笠原諸島など自然美が融合した地域」54%
    「浅草、向島などの下町情緒を残す街並み」53%
  • 東京の都市景観を守り育てるための都の取組
    「歴史的建造物周辺の歴史的な街並みの保全」が56%
  • 東京都選定歴史的建造物についての都の取組
    「歴史的建造物の改修・改築に対し、歴史的・景観的な価値が継承されるよう、計画に配慮を求める」が50%
  • 東京歴史まちづくりファンド※への寄附に対する機運を高めるための都の取組
    「企業とのタイアップにより、売上げの一部をファンドに寄附する仕組みをつくる」が42%
    ※東京都選定歴史的建造物の修繕費用の一部を助成

東京の屋外広告物

  • ビジョン広告、電子看板の印象
    「良い」は60%(22年調査より6ポイント増)、「悪い」は26%
  • 広告宣伝車の印象
    「良い」は34%、「悪い」は53%(22年調査より8ポイント増)
  • どのような目的であれば広告物の設置規制を緩和してもよいか
    「街灯や歩道の整備、維持管理など、地域の住民、事業者が独自に行う質の高いまちづくりのため」が56%
    「緑を増やすなど行政施策支援のため」54%

※調査結果の概要[テキスト版/PDF版:284KB]
調査結果(全文)

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3133

ページの先頭へ戻る