ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月17日  福祉保健局

結核は、過去の病気ではありません
「世界結核デー記念講演会」の開催

 都内で新たに結核を発症する患者は今なお年間三千人を超えており、そのうち20歳代から40歳代の若い世代が3分の1を占めています。結核は決して過去の病気ではありません。本講演会では若者の結核に焦点をあて、モデル・タレントとして活躍するJOYさんにご自身が結核にかかり感じたことを関係者の方と一緒にお話いただきます。

画像
モデル・タレントJOY氏

1 開催日時

 平成25年2月25日(月曜日)14時30分から16時00分まで

2 会場

 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
※会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

3 内容

テーマ「僕がみんなに伝えたいこと」

  • 結核ミニ講座「都会の若者には結核が多いのか」
    東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課長 吉田道彦
  • パネルディスカッション「結核になるってどういうこと?」
    • 【座長】
      公益財団法人結核予防会結核研究所対策支援部長 小林典子氏
    • 【パネリスト】
      モデル・タレント JOY氏
      朝日新聞記者 鈴木彩子氏
      国立国際医療研究センター病院呼吸器内科 飯倉元保氏
      渋谷区保健所地域保健課感染症対策係 吉良千尋氏

4 申込方法等

募集人数

 先着順にて受付 800名(入場無料)

主催

 東京都、渋谷区

申込方法

 はがき、ファクスにより催し名、氏名、電話番号を記入しお申し込みください。
 電話、ホームページからの申込みも可能です。

申込先

 〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1
 東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課結核係
 電話 03-5320-4483
 ファクス 03-5388-1432
 電子申請はこちら
 パソコン用:https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/Entrance.do?command=PKG_DETAIL&lcd=130001&pkgId=13000_M131_K
 携帯用:https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-mobile/Entrance.do?command=APPLY&lcd=130001&pkgId=13000_M131_K

申込期限

 平成25年2月20日まで

※世界結核デーとは
 ドイツの細菌学者ロベルト・コッホが結核菌の発見を発表した日(3月24日)をWHO(世界保健機関)が世界結核デーと定め、世界各国に対策の強化を呼びかけています。

※別添 平成24年度東京都世界結核デー記念講演会 チラシ(PDF形式:643KB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部感染症対策課
 電話 03-5320-4483

ページの先頭へ戻る