トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 野川自然再生事業 第二次実施計画書を作成

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月30日  建設局

みんなで育てる、野川の自然
野川自然再生事業 第二次実施計画書を作成しました

 東京都では、野川第一・第二調節池地区を対象に、自然再生推進法に基づく自然再生事業を行っています。自然再生事業は、現在失われつつある自然環境を地域の方々と共に復元する事業であり、都内で実施しているのは野川の当該地区のみです。
 都は、これまでに、地元市民・市民団体・学識経験者・都・市・国で組織した自然再生協議会(平成17年3月設立)で作成した「自然再生全体構想(平成18年9月作成)」及び「第一次実施計画書(平成18年10月作成)」に基づき、対象地区内に田んぼや湿地、ため池等を再生してきました。
 このたび、第一次実施計画の事業効果等の検証を行い、自然再生協議会での話し合いを踏まえて第二次実施計画書を作成しました。

1 事業対象地区

 野川第一・第二調節池、野川(小金井新橋~二枚橋)
 (小金井市中町、同市東町地内)

2 計画期間

 3年間程度(平成25年度~平成27年度)

3 第二次実施計画に基づく主な整備内容

 事業対象地区の豊かな自然環境の再生に必要な水量を確保するため、野川本川の河床に粘性土を張る整備や、田んぼ・湿地等の拡大を行っていく予定です。

4 「野川第一・第二調節池地区自然再生事業第二次実施計画書」の公表

  1. 建設局河川部「川のなんでも相談コーナー」(都庁第二本庁舎22階)
  2. 建設局北多摩南部建設事務所
  3. 建設局ホームページ

5 その他

 国は、都から本計画書の送付を受け、自然再生推進法に基づき、自然環境に関する専門家の意見を聞くため、今後開催予定の「自然再生専門家会議」に本計画書を付議します。

※別添1 みんなで育てる、野川の自然―「野川第一・第二調節池地区自然再生事業第二次実施計画書」を作成しました―(概要資料)(PDF形式:414KB)
※別添2 「野川第一・第二調節池地区自然再生事業実施計画書 第二次実施計画書」(PDF形式:2.96MB)

問い合わせ先
建設局河川部計画課
 電話 03-5320-5415
北多摩南部建設事務所工事第二課
 電話 042-330-1850

ページの先頭へ戻る