トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 京王京王線・相模原線(調布駅付近)地下化による効果

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月29日  建設局

京王京王線・相模原線(調布駅付近)の地下化による効果
交通渋滞の解消、消防・救急活動に貢献!

 東京都が、京王電鉄(株)と進めている京王京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業において、平成24年8月に調布駅付近の京王線・相模原線を地下化し、18箇所の全ての踏切を除却しました。
 この地下化により、狛江通りでは最大290メートルあった踏切による交通渋滞が解消されるなど、下記のような事業効果が得られましたのでお知らせします。
 引き続き、事業完了に向け、駅舎の工事や品川通りの道路整備などを進めていきます。
 今後とも、東京都は、数多くの踏切を同時に除却することにより、道路ネットワークの形成を促進するとともに、踏切による交通渋滞の解消や鉄道により分断されているまちの一体化を図るため、連続立体交差事業の推進に積極的に取り組んでいきます。

1 地下化による主な効果(別紙参照)

  • 狛江通りでは、最大290メートルあった交通渋滞が解消!
  • 狛江通りを通行する路線バスのダイヤの信頼性が向上!
  • 地元の方々が、線路の反対側へ行きやすくなったなどの整備効果を実感!
  • 地元の消防署員も、緊急出動時の移動がスムーズになったと整備効果を実感!

※別紙 京王京王線・相模原線(調布駅付近)の地下化による効果(PDF形式:422KB)

2 事業の概要

(1) 事業名

 京王京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業

(2) 事業者

 東京都

(3) 事業延長

 約3.7キロメートル(京王線:約2.8キロメートル、相模原線:約0.9キロメートル)

(4) 事業費

 約1,149億円

(5) 事業期間

 平成14年度~平成26年度

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定しています。
 目標4 陸と海と空を結び、東京の国際競争力を引き上げる
 施策10 陸・海・空の高度な交通ネットワークを形成し、国際競争を勝ち抜く(2 連続立体交差事業の整備推進)

問い合わせ先
建設局道路建設部鉄道関連事業課
 電話 03-5320-5333

ページの先頭へ戻る