トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 24年度東京都地域支え合い体制づくり事業の担い手選定

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月28日  福祉保健局

平成24年度東京都地域支え合い体制づくり事業の担い手を選定しました

 東京都では、高齢者や障害者等、地域社会とのつながりや支援が必要な方々を地域で見守り、支える体制を構築するため、地域支え合い体制づくり事業を実施しています。
 本事業は、自治体、住民組織、NPO法人、福祉サービス事業者等が協働して地域における見守りや支え合いの取組を行えるよう、活動の立ち上げ、拠点整備や人材育成等を支援するものです。
 このたび、都はその担い手を公募し、応募のあった提案内容について審査した結果、以下のとおり選定しましたので、お知らせします。

1 選定結果

 11団体26事業を選定(別紙「選定団体及び事業名一覧」参照)

2 選定方法

 外部委員を含む選考委員会を設置し、同選考委員会において、優れた内容と認められる事業計画書を提出した団体(グループ)を、合議により選定しました。

東京都地域支え合い体制づくり事業の概要

(1) 東京都事業

 単独の区市町村では実施が困難な都全域にわたる取組を対象として、都が担い手を公募しました。

  • 【公募期間】
    平成24年7月13日から平成24年8月24日
  • 【応募資格】
    都内の住民組織、自治会、町内会、ボランティア団体、コミュニティ協議会、NPO法人、社会福祉法人、協働組合、社会福祉協議会など、地域に密着した活動を行なう団体。もしくは、住宅供給公社、UR都市機構など大規模集合住宅における取組のとりまとめが可能な団体

(2) 区市町村事業

 区市町村が実施する事業について、25区市町村41事業採択いたしました。

(3) 提案事業内容

  1. 地域の支え合い活動の立ち上げ支援事業
  2. 地域活動の拠点整備
  3. 人材育成
  4. 東日本大震災による被災者生活支援

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 電話 03-5320-4271
 ファクス 03-5388-1395

ページの先頭へ戻る