トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 葛西臨海水族園 南極の魚が世界で初めて水槽内で産卵

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月18日  建設局

葛西臨海水族園情報
無色透明な血液をもつ南極の魚、
オセレイテッド アイスフィッシュ(ジャノメコオリウオ)が
世界で初めて水槽内で産卵!!

 葛西臨海水族園(園長 西源二郎)で、展示中のコオリウオ科の一種オセレイテッド アイスフィッシュ(ジャノメコオリウオ)が産卵しましたのでお知らせします。南極周辺にすむコオリウオ科の魚が展示されている水族館は世界でも当園だけで、水槽内で自然産卵が観察されたのは世界初です。現在、水槽の底砂に作られたすり鉢状の巣の中で、メスが卵を保護している様子が観察できます。

写真
卵を保護するオセレイテッド アイスフィッシュ

1.産卵日時

 平成25年1月12日(土曜)午後11時13分

2.展示場所

 世界の海エリア「南極海2」水槽

3.経緯

 日本水産株式会社が南極周辺で行うナンキョクオキアミ操業の際、一緒に採集されたオセレイテッド アイスフィッシュ2個体を、平成23年8月19日、当園に搬入しました。その後、2個体の性別は不明でしたが、うち1個体を8月24日より一般公開(平成23年8月22日発表済)しました(もう1個体は非公開の予備水槽で飼育)。
 平成24年1月頃から展示個体の腹部が大きくなり始めたため、この個体はメスであり、卵巣が発達し始めているものと推測されました。
 予備水槽で飼育していた個体は、体色の変化などからオスと考えられたため、平成24年5月末から数回、2個体を展示水槽で同居させましたが、お互いをけん制する様子が見られたため同居を中止しました。
 12月5日、メスを予備水槽に移し、オスを展示水槽に出したところ、オスは水槽底の砂を尾びれで掘り、巣穴をつくる行動が頻繁に観察されました。
 12月末、オスの体の一部が黒く変化しました。繁殖期に現れる「婚姻色」と思われたため、予備水槽のメスを同居させたところ、オスがメスに寄り添いながら泳いだり、両個体が一緒になって回転するように泳いだりする行動がみられました。このため、産卵が近いと判断し、夜間はビデオカメラで行動を記録しました。
 平成25年1月13日朝、水槽内に卵を発見し、ビデオを確認したところ、1月12日午後11時00分過ぎに産卵があったことがわかりました。オスを予備水槽へ取り出した後、メスはすり鉢状の巣穴の中心で卵を保護しています。なお、卵の一部を水槽から取り出し、受精の検査をしていましたが、1月16日に受精卵であることが確認できました。

4.現在の状況

 メスは巣穴にとどまり、じっと卵を守っている行動が観察できます。また水槽から取り出した卵は試験的に育成を行っています。

【参考】オセレイテッド アイスフィッシュ(ジャノメコオリウオ)

写真
  • 学名
    Chionodraco rastrospinosus
  • 英名
    Ocellated Icefish
  • 分類
    スズキ目 ナンキョクカジカ亜目 カンニクティス(コオリウオ)科
  • 分布
    南極半島周辺から、南極海の一部であるスコシア海域
  • 全長
    約55センチメートル
  • 生態
    コオリウオ科の魚類は16種が知られるのみで、そのうち13種が南極半島周辺の水深5メートル程度の浅瀬から1000メートルを超える海底で採集される。体表には鱗(うろこ)が無く、頭部は扁平な形を呈する。最大の特徴は、脊椎動物で唯一ヘモグロビン(※)をもたないことである。そのため、血液は無色透明である。また、ほとんどの魚の鰓(えら)が赤色やピンク色なのに対し、コオリウオの鰓はクリーム色をしている。
    ※ヘモグロビンとは:脊椎動物の血液には赤血球が含まれ、赤血球内にはヘモグビロンというタンパク質が存在する。ヘモグロビンはヘムという物質をもっており、分子構造の特徴から赤色に見える。ヘモグロビンは肺や鰓などで酸素と結合し、酸素を各組織へ運ぶ働きがある。

ご案内

【葛西臨海水族園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
 2月19日(火曜)~2月21日(木曜)は臨時休園。
<入園料>
 一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【葛西臨海水族園】
 電話 03-3869-5152
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る