トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 除毒されていないふぐ(ショウサイフグ)の販売について

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月10日  福祉保健局

除毒されていないふぐ(ショウサイフグ)の販売について

 本日、中央卸売市場内仲卸施設において、有毒部位(ヒレ)が取り除かれていないショウサイフグをふぐ調理師以外に販売したことが確認されましたのでお知らせします。
 なお、混在するヒレの部位は極少量であるため、通常の喫食方法であれば、健康影響は極めて小さいものと考えられます。
 また、これまでのところ、有症事例が発生したとの届出はありません。

1 探知

 平成25年1月9日、多摩小平保健所が、ふぐ調理師のいない東村山市内の飲食店において、ヒレ付きショウサイフグを発見した。
 本日、仕入れ元である中央卸売市場内の仲卸施設の調査を行ったところ、ふぐ調理師であるかどうかを確認せずに、当該飲食店以外の2箇所(販売先不明)にも、ヒレ付きショウサイフグを販売していたことが判明した。

2 販売者

  • 営業者氏名
    株式会社○○○ 代表取締役 ○○○
  • 営業所所在地
    東京都中央区○○○
  • 業種
    魚介類販売業 ふぐ取扱所

3 ふぐの種類

 ショウサイフグ(食べられる部位は筋肉及び精巣)

4 販売量及び販売形態

  1. 販売日:平成25年1月5日
  2. 販売形態:合成樹脂製袋詰冷凍ショウサイフグ4袋を3箇所に販売
    (1袋あたり1キログラム入り)

注意喚起

都民の皆様へ

 上記のふぐと思われる商品を店舗等で保管されている方は、お近くの保健所又は福祉保健局食品監視課(電話 03-5320-4413)までご連絡ください。

当該品の写真

写真

当該品の特徴

 ショウサイフグの内臓や皮は取り除かれており、ヒレが残っている。ヒレは有毒部位である。なお、表示は添付されていない。

参考資料:ショウサイフグの特徴

 体の背面は茶色の地色に濃褐色の模様がある。腹面は白い。尻鰭は白い。背面と腹面に小棘(とげ)はない。35センチメートルになる中型種。

写真
ショウサイフグの写真

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4413

ページの先頭へ戻る