トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 緊急輸送道路沿道建築物耐震化 金融機関との協定締結

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月10日  都市整備局

緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に向けた
金融機関との連携に関する協定締結について

 東京都は、緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進し、災害に強い東京を実現するため、金融機関との間で連携に関する協定を、下記のとおり締結いたしますのでお知らせいたします。

1 協定の概要

(1) 協定書名

 「緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に向けた連携に関する協定書」

(2) 協定締結先

 株式会社みずほ銀行
 みずほ信託銀行株式会社

(3) 協定の内容

 緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進するため、都と株式会社みずほ銀行及びみずほ信託銀行株式会社は、沿道建築物の所有者が安心して円滑に耐震改修等に取り組めるよう、耐震改修等の実施、相談体制の整備と普及啓発の実施などについて、相互に連携して必要な支援と協力を行う。

2 協定締結式

(1) 日時

 平成25年1月17日(木曜) 10時00分~10時15分

(2) 場所

 都庁第二本庁舎21階 局議室

(3) 出席者

 東京都都市整備局長 飯尾豊
 株式会社みずほ銀行 常務執行役員 岡部俊胤(おかべとしつぐ)
 みずほ信託銀行株式会社 常務執行役員 竹本秀一(たけもとしゅういち)

 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標1「高度な防災都市を実現し、東京の安全性を世界に示す」
 施策1「震災対策に集中的に取り組み、地震に負けない都市を造る」

問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建築企画課
 電話 03-5388-3362

ページの先頭へ戻る