トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 1月 > 多摩動物公園 さようなら、グレビーシマウマ ノバータ

ここから本文です。

報道発表資料  2013年1月4日  建設局

多摩動物公園情報
さようなら、グレビーシマウマ「ノバータ」

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、飼育しているグレビーシマウマの「ノバータ」が死亡しましたので、お知らせします。

写真
死亡2日前のノバータ

1.死亡したグレビーシマウマ

  • 死亡日時
    平成24年12月31日(月曜)14時47分
  • 名前(性別)
    ノバータ(オス)
    1990年7月13日 旧チェコスロバキア共和国ドゥヴール・クラーロヴェー動物公園生まれ
    1991年6月7日 来園
  • 年齢
    22歳
  • 死因
    老衰

2.「ノバータ」について

 1991年に多摩動物公園に来園し、2頭のメスとの間に3頭の子(オス1頭、メス2頭)をもうけました。グレビーシマウマは人にはあまりなつく行動は見せませんが、ノバータは体に直接ブラシをかけることができるほど人に慣れており、温厚な性格の個体でした。
 12月31日、通常どおり運動場に出しましたが、午後に入って運動場で倒れているのを発見し、14時47分に死亡を確認しました。解剖の結果、内臓等には異常は認められませんでしたが、歯が磨り減っていました。最近食欲が落ち、食べる草の量も減っていたため、歯の摩耗との関係が考えられます。飼育下にあるグレビーシマウマの国内最高齢が24歳8か月(当園の「ハルコ」メス、2002年9月死亡)であることと比べても、22歳5か月で死亡したノバータはとても長生きの個体だったと言えます。

3.当園での飼育状況

 4頭(オス1頭、メス3頭)※今回死亡したノバータを含みません。

4.日本国内の飼育状況(2011年12月末現在)

 7園館、20頭(オス8頭、メス12頭)※資料:(公社)日本動物園水族館協会

【参考】グレビーシマウマ(ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト絶滅危惧種、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Equus grevyi
  • 英名
    Grevy's zebra
  • 分類
    奇蹄目ウマ科
  • 分布
    エチオピア、ケニア北部の草原地帯
  • 体長
    肩までの高さ1.4~1.6メートル
  • 体重
    350~420キログラム
  • 特徴
    シマウマ類の中では最大種。丸くて大きい耳を自在に動かし、姿勢を変えずに遠方の音を知ることができる。体の縞模様は幅が狭くて数が多い。縞はひづめの上まであるが、腹部にはない。5~20頭くらいの小さな群れをつくり、草原や疎林に暮らす。野生での生息数は現在2,000頭前後で、絶滅が心配されている。

※付属書1の正しい表記はローマ数字です。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
多摩動物公園
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る