トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 12月 > 都立中央図書館公開講座「水の都」江戸・東京再発見

ここから本文です。

報道発表資料  2012年12月26日  教育庁

都立中央図書館 連続公開講座
「水の都」江戸・東京再発見

 都立中央図書館では、所蔵する関係資料を活用した「都市・東京情報サービス」を行っており、その一環として江戸・東京に関する連続公開講座を開催しています。
 今回は、「水の都」江戸・東京がテーマです。下町には水路が網目のように巡り、武蔵野や多摩には湧水が広がる東京の魅力を2回にわたってお話しいただきます。

講師

 陣内秀信(じんないひでのぶ)
 法政大学教授、中央区立郷土天文館館長、「隅田川ルネサンス推進協議会」委員

専門

 イタリア建築・都市史。
 業績により「イタリア共和国功労勲章(ウッフィチャーレ章)」「日本建築学会賞」「地中海学会賞」等を受賞

著書

 『東京の空間人類学』(筑摩書房1985)(ヴェネツィアとの比較から江戸・東京が「水の都」であったことなどを論じ、サントリー学芸賞を受賞)
 『ヴェネツィア-水上の迷宮都市』『舟運都市-水辺からの都市再生』『イタリアの街角から』ほか多数

1 日時

 第1回 江戸から文明開化の東京へ
 平成25年2月3日(日曜日)午後2時00分から午後4時00分まで
 第2回 モダン東京から現在へ
 平成25年2月10日(日曜日)午後2時00分から午後4時00分まで

2 会場

 都立中央図書館 4階 多目的ホール

3 参加費

 無料

4 募集人数

 100名(2回とも参加できる方)※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

5 申込方法

 往復はがきに(1) 連続公開講座希望 (2) 住所 (3) 氏名(ふりがな) (4) 電話番号を記入し、〒106-8575 都立中央図書館 都市・東京情報係宛てにお送りください。(1枚1人)
 平成25年1月14日(月曜日)(消印有効)

東京都立中央図書館

所在地

 東京都港区南麻布5-7-13(有栖川宮記念公園内)

最寄り駅

 東京メトロ日比谷線 広尾駅(1番出口) 徒歩8分
 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩20分
 都営バス 橋86系統 愛育病院前 徒歩2分
 港区コミュニティバス(ちぃばす)麻布ルート97 愛育病院 徒歩2分

※別添 チラシ(PDF形式:502KB)

問い合わせ先
都立中央図書館
 電話 03-3442-8451

ページの先頭へ戻る