ここから本文です。

報道発表資料  2012年12月14日  産業労働局

12月17日から2回目の助成金申請が可能になりました
中小企業の展示会等への出展を支援します
「目指せ!中小企業経営力強化事業」のご案内

 厳しい経営環境にある都内中小企業を支援するため、これまで1回の利用に限っていた展示会等出展支援助成について、2回目の利用ができるよう制度改正を行いました。

展示会等出展支援助成の内容

(1) 助成要件

 以下の1.~3. をすべて満たす都内の中小企業者

  1. 企業からの受注が売上全体の50%以上であること。
  2. 直近決算期の売上高が、前期又は平成20年9月以前の決算期のうち最新のもののいずれかと比較して減少していること。
  3. 平成23年度又は24年度の「経営課題解決支援事業」の支援、もしくは、「経営状況等確認」(※1)を受け、販路開拓が必要とされていること。

※1 「経営状況等確認」は、過去に「経営課題解決支援事業」(平成21年度は「中小企業経営力向上支援事業」)の支援を受け、販路開拓が必要とされた中小企業が対象となります。詳細は、御社所在地の区市町村にある商工会議所、商工会にお問合せ下さい。
※2 既に助成金を受けた企業が2回目の申請を行う場合、再度販路開拓の必要性について判断が必要となります。
※3 本助成金(平成21年度「受注開拓緊急支援事業助成金」を含む)は、通算して2回まで受給可能です。ただし、同一年度内に2回申請することはできません。

(2) 助成対象内容

 以下の1.、2.のいずれか1つ(両方の申請はできません。)

  1. 展示会参加費用等の助成
    • 国内外の展示会・見本市等への出展費用
      【 1) 出展小間料、 2) 資材費、 3) 輸送費、 4) 販促費 5) 広告費( 5)は 1)~ 4)の20%以内)】
    • 助成限度額:100万円【助成対象経費の3分の2以内】
      ※2回目の助成金申請で、売上減少率5%未満の場合は助成限度額:75万円【助成対象経費の2分の1以内】
  2. 製品カタログ等作成費用の助成
    • 会社案内、製品カタログ・パンフレット等の作成経費
    • 助成限度額:20万円【助成対象経費の3分の2以内】
      ※2回目の助成金申請で、売上減少率5%未満の場合は助成限度額:15万円【助成対象経費の2分の1以内】

(3) 助成対象期間

 交付決定日から平成25年2月28日まで
 ただし、平成25年3月開催の展示会に出展する場合のみ、3月31日まで。

※助成対象期間内に実施する事業に係る経費で、かつ助成対象期間内に契約及び支払いを完了する経費が、助成の対象となります。ただし、出展小間料に限り、交付決定日以前に申し込んだものであっても助成対象といたします。

(4) 受付期間

 助成金予算終了まで

(5) 交付決定(予定)日

 原則として公益財団法人東京都中小企業振興公社の申請書受付日の翌月15日

(6) 申請書類提出先

 御社所在地の区市町村にある商工会議所、商工会

(7) 助成金交付機関

 公益財団法人東京都中小企業振興公社

※別添 展示会等出展支援助成金申請までの流れ(PDF形式:362KB)

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
 電話 03-5320-4798

ページの先頭へ戻る