トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 12月 > 木密不燃化10年プロジェクト 特定整備路線特別支援策

ここから本文です。

報道発表資料  2012年12月7日  建設局

木密地域不燃化10年プロジェクトの「特定整備路線」
整備を加速するための特別支援策について
燃え広がらないまちの実現に向けて

 東京都では、「木密地域不燃化10年プロジェクト」の実施方針を策定(平成24年1月20日 報道発表)し、震災時に特に甚大な被害が想定される整備地域約7,000ヘクタールの防災性向上を図るため、区と連携して特に改善を必要としている地区の不燃化を促進する「不燃化特区」制度を創設するとともに、延焼遮断帯を形成する都施行の都市計画道路を「特定整備路線」として整備していきます。
 このうち、「特定整備路線」については、28区間、延長約26キロメートルを候補区間として選定し公表するとともに、「特定整備路線」の整備を加速するため、関係権利者の生活再建に向けたサポート体制の充実を図るなど、特別の支援策を設けることとしています。(平成24年6月28日、平成24年10月31日 報道発表) このたび、その骨子案を別紙のとおりまとめ、各区間において住民説明会等具体的に事業を進めていく際に、関係権利者に示していくこととしましたのでお知らせします。
 今後、都はこの支援策を通じて、住居の移転など再建の進め方に不安がある人や住みなれた地域で暮らし続けたい人に対してきめ細かくサポートしていきます。

※ 別紙「特定整備路線整備を加速するための特別支援策について」(PDF形式:895KB)

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標1 高度な防災都市を実現し、東京の安全性を世界に示す
 施策1 震災対策に集中的に取り組み、地震に負けない都市を造る

問い合わせ先
建設局用地部用地課
 電話 03-5320-5261

ページの先頭へ戻る