トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 11月 > 多摩動物公園 オランウータン赤ちゃん誕生&名前投票

ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月27日  建設局

多摩動物公園情報
オランウータンの赤ちゃん誕生&名前投票!!

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、ズーストック種のボルネオオランウータンの赤ちゃんが6年ぶりに誕生しましたのでお知らせします。

写真
赤ちゃんを抱くキキ

1 生まれたオランウータン

(1) 誕生日

 平成24年11月14日(水曜)

(2) 性別

 オス

(3) 両親

 母親 キキ 12歳
 2000年10月21日
 インドネシア・タマンサファリ生まれ
 2007年6月11日 来園

 父親 ボルネオ 27歳
 1985年4月25日
 シンガポール動物園生まれ
 1998年9月24日 来園

2 経過について

 母親の「キキ」は今回が初めての出産です。初産のため心配しましたが無事に出産しました。母子ともにとても元気で、「キキ」は赤ちゃんを肌身離さず面倒を見ている様子です。
 正式な一般公開は後日改めてお知らせしますが、親子の健康管理のため暖かい日の日中の2時間位運動場に出る場合があります。

3 赤ちゃんの名前投票について

(1) 投票期間

 平成24年11月29日(木曜)~12月4日(火曜)

(2) 投票方法

 オランウータン舎前に設置してある5つの名前が書かれた投票用紙に、入園時にお渡ししたシール(1人1枚)を貼っていただきます。5つの名前については、是非当園にいらして見てみてください。

(3) 選定方法

 投票の結果、得票数の多い名前に決定します。

(4) その他

 決定した名前は報道発表するとともに、ホームページ(東京ズーネット)に掲載し、アジア園オランウータン舎に掲示します。
 また後日、命名式を予定しており、命名式の日に先着1,000名様に記念品を差し上げます。(※命名式日程は別途お知らせします。)

4 当園の飼育状況

 9頭(オス4、メス5) 今回生まれた赤ちゃんを含む。

5 日本国内の飼育状況について(2011年12月31日現在)

 12施設 35頭(オス 18、メス 17)
※資料 (公社)日本動物園水族園協会より

【参考】ボルネオオランウータン(ワシントン条約付属書1表、絶滅危惧種、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Pongo pygmaeus
  • 英名
    Bornean orang-utan
  • 分類
    霊長目 ヒト科
  • 分布
    ボルネオ(マレーシアのサバ・サラワク州及びインドネシアのカリマンタン)
  • 生態等
    体長78~97センチメートル、体重60~90キログラム
    果実、木の実や種子、昆虫類など色々なものを食べます。一生のほとんどを樹上で生活します。

※付属書1表の正しい表記はローマ数字です。

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
 12月29日(土曜)~1月1日(火曜)は休園。
※1月2日(水曜)、3日(木曜)は開園。
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る