ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月27日  建設局

神代植物公園
正月開園のお知らせ

 神代植物公園でお正月を楽しみませんか。お正月は2日から開園し、新春にふさわしい様々な催しを開催します。ぼたんやおもとを愛でながらゆっくりお過ごしください。

写真 写真
新春のぼたん展(以前の様子)

1 新春コンサート

写真
新春コンサート(昨年の様子)
  • 日時
    平成25年1月2日(水曜)・3日(木曜) ※雨天中止
    各日11時00分・14時00分(各回約30分)
  • 場所
    植物会館前広場
  • 内容
    新春をお祝いするコンサートを行います。出演者・演奏内容については、決まり次第東京都公園協会のホームページ「公園へ行こう!」でお知らせします。

2 新春のぼたん展

  • 日時
    平成25年1月2日(水曜)~14日(月曜・祝日)
    9時30分~17時00分
  • 場所
    植物会館前広場 特設展示場
  • 内容
    ぼたん各種を展示します。

3 新春の植物とおもと展

  • 日時
    平成24年12月26日(水曜)~28日(金曜)、平成25年1月2日(水曜)~6日(日曜)
    9時30分~16時30分
  • 場所
    植物会館 展示室
  • 内容
    おもとと正月にちなんだ植物(春の七草、万両、梅など)を展示します。

※おもと(万年青)とは、江戸時代から続く古典園芸植物で、その名のとおり一年中変わらぬ緑色の葉を持つため、おめでたい植物として愛でられています。徳川家康が江戸入府の際に駿河から持ち込んだという故事をもち、その後江戸が大発展したことから縁起の良い植物として人気を博しました。また転居の際にはおもとを送り、家内安全を祈る「引越し万年青」という風習もありました。葉の形や斑(ふ)の入り方の変化が大きく、その違いで多くの園芸品種が見出され、葉や実を観賞する植物として栽培されています。

4 小学生の絵画展

  • 日時
    平成25年1月2日(水曜)~1月6日(日曜)
    9時30分~16時30分
  • 場所
    植物会館2階 大会議室
  • 内容
    深大寺小学校3年生による神代植物公園内写生絵画を展示します。

神代植物公園について

  • 開園時間
    9時30分~17時00分(最終入園は16時00分まで)
  • 休園日
    毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日
  • 住所
    調布市深大寺元町5-31-10
  • 交通
    • 京王バス
      京王線つつじヶ丘駅から深大寺行き、もしくは京王線調布駅から深大寺行き、いずれも「神代植物公園」下車
    • 小田急バス
      京王線調布駅から吉祥寺駅または三鷹駅行き、JR中央線吉祥寺駅・三鷹駅から調布駅北口または深大寺行き、いずれも「神代植物公園前」下車
  • 入園料
    一般 500円 65歳以上 250円 中学生 200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
    ※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます。
    年間パスポート 一般 2,500円 65歳以上 1,250円
  • 問い合わせ先
    神代植物公園サービスセンター 電話:042-483-2300

園内マップ

案内図

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る