トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 11月 > 井の頭自然文化園情報 ツシマヤマネコを移動

ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月27日  建設局

井の頭自然文化園情報
ツシマヤマネコの移動を行います
新たな個体が繁殖事業のために来園します

 井の頭自然文化園(園長 成島悦雄)では、環境省のツシマヤマネコの「飼育下繁殖事業」に協力し、2006年からツシマヤマネコを飼育しています。このたび、当該事業の一環で、当園と西海国立公園九十九島動植物園との間で、オスの個体1頭を相互に移動することになりました。この移動は、飼育下繁殖を目的として、ツシマヤマネコを飼育する二つの動物園間で行うものです。
 なお、来園する個体は繁殖を目指すため非公開施設で飼育する予定です。

写真
今回来園するツシマヤマネコ

1.移動するツシマヤマネコ

 井の頭自然文化園から搬出する個体

個体番号 性別 生年月日 搬出先 輸送予定日
41番 オス 2007年5月9日 西海国立公園九十九島動植物園 11月29日

2.来園するツシマヤマネコ

 井の頭自然文化園に搬入する個体

個体番号 性別 生年月日 搬入元 輸送予定日
50番 オス 2009年6月17日 西海国立公園九十九島動植物園 11月29日

※飼育下繁殖事業の目的のため、非公開施設で飼育します。

3.経緯

 絶滅危惧種であるツシマヤマネコを保全するため、環境省で保護増殖事業計画を策定し、対馬野生生物保護センターや国内10か所の動物園で飼育下繁殖に取り組んでいます。井の頭自然文化園においても2006年から飼育を継続しています。今回の移動は、環境省九州地方環境事務所が定めた「平成24-25年度ツシマヤマネコ飼育下個体群繁殖計画」に則り、より積極的に繁殖計画を進め、健全な飼育下個体群を確立するために各飼育施設が連携して行うものです。
 移動によって各施設にできあがる繁殖ペアは、近親交配を極力避け、遺伝的に重要度の高い個体の繁殖機会がより多くなるよう血縁関係に配慮するとともに、過去に試したペアの相性などにも考慮して、作られています。

4.当園での飼育状況(今回の移動後の飼育数)

 5頭(オス3頭、メス2頭)
 ただし、公開しているのは2006年11月19日に来園したオス1頭のみです。他の個体は今回導入する個体も含め、非公開での飼育になります。

5.日本国内の飼育状況(2012年11月現在)

 オス18頭、メス16頭、計34頭(10施設)
(環境省対馬野生生物保護センター発表資料より)

【参考】ツシマヤマネコ(食肉目ネコ科)東京都ズーストック種、天然記念物、絶滅危惧1A類(環境省レッドリスト2007)

  • 学名
    Prionailurus bengalensis euptilura
  • 英名
    Tsushima leopard cat
  • 特徴等
    日本では長崎県対馬だけに生息する野生ネコ科動物で,1971年には国の天然記念物に,1994年には国内希少野生生物種に指定され、日本の野生動物の中で最も絶滅の危険が高い種のひとつ。約10万年前に大陸から渡ってきたと考えられ,東アジア~南アジアに広く分布するベンガルヤマネコの亜種とされる。体重3~5キログラム、体長50~60センチメートルで,耳裏に白斑(虎耳状があるのがイエネコと違う。)
    1960年代の調査では250~300頭が生息していると思われたが,生息環境の悪化や餌生物の減少、交通事故死などで個体数が減少し,現在野生下では80~110頭しかいないと推定される。

※絶滅危惧1A類の正しい表記はローマ数字です。

ご案内

【井の頭自然文化園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
12月29日(土曜)~1月1日(火曜)は休園。
※1月2日(水曜)、3日(木曜)は開園。
<入園料>
 一般:400円、65歳以上:200円、中学生:150円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料。
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【井の頭自然文化園】
 電話 0422-46-1100
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る