ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月21日  港湾局

東京夢の島マリーナの借受者決定のお知らせ

 平成24年5月30日に公表した東京夢の島マリーナの借受者の公募について、下記のとおり借受者(運営事業者)を決定しましたのでお知らせします。

1 対象施設

 東京夢の島マリーナ(東京都江東区夢の島3番地)

2 貸付期間

 平成25年4月1日から平成30年3月31日まで(5年間)

3 借受者(運営事業者)の名称

 スバル興業株式会社

4 選定の経緯

(1) 選定方法

 平成24年8月1日から3日まで公募を受け付けたところ、2団体から応募がありました。
 その後、外部委員と行政機関関係者からなる選定委員会において、書類審査及び事業者によるヒアリング等の審査を行い、借受者を決定しました。

(2) 選定委員会開催日

  • 第一回 平成24年9月10日
  • 第二回 平成24年10月12日

(3) 評価項目、各応募者の得点状況

評価項目 各応募者の得点状況
A社
(借受者)
B社
事業主体(配点:25) 21.8 21.7
  施設管理運営実績、事業基盤、財務内容
事業計画の内容(配点:60) 52.8 43.0
  収支計画、管理体制、質の高いサービスの提供、
海洋性スポーツ・レクリエーションの振興、
マリーナの利用促進、適正な維持管理等
貸付料(配点:15) 7.0 12.0
合計(配点:100) 81.6 76.7

(4) 選定理由

(選定委員会議事要旨)

  • 営業時間を通年で延長するとともに、繁忙期の無休営業を実施するほか、マリーナ契約者のニーズの多様化に対応するサポートサービスに加え、船舶に係る免許、検査、保険の案内やメンテナンス時期の提案を行うコンシェルジュサービスの提供など、利用者サービスの点で非常に評価できる。
  • ヨットレースや都民を含めたイベント等が充実し、海洋性スポーツの振興やマリーナの活性化に資する提案となっている。
  • 船舶の上下架作業にあたって、安全かつ迅速に対応できる管理運営体制が図られている。

5 借受者の事業計画書等の内容について

 港湾局ホームページ参照

6 選定委員会名称及び委員氏名

 「東京夢の島マリーナ借受者選定委員会」

委員長 笹川文夫 東京都港湾局港湾経営部長
委員 近藤健雄 日本大学理工学部教授
三村優美子 青山学院大学経営学部教授
金子邦博 公認会計士
山根恭子 東京都東京港管理事務所長

問い合わせ先
港湾局港湾経営部経営課
 電話 03-5320-5553

ページの先頭へ戻る