ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月19日  港湾局

調布飛行場消火救難訓練の実施について

 調布飛行場における航空機事故等の発生時の対応力強化を図るため、関係機関による合同の消火救難訓練を実施しますので、お知らせします。

1 実施場所

 東京都調布飛行場制限区域内(東京都調布市西町290番3)

2 実施主体

 東京都調布飛行場保安及び消火救難委員会
 【構成】
 東京消防庁調布消防署、警視庁調布警察署、調布空港協議会、航空運送事業者(新中央航空株式会社)、東京都調布飛行場管理事務所

3 実施内容

 消火救難訓練

(1) 日時

 平成24年11月27日(火曜)16時30分~18時00分(予定)

(2) 概要

 到着機(定期航空便)が滑走路上に擱坐し、エンジンから出火する事故を想定。
 空港自衛消防隊が初期消火活動にあたるとともに調布消防署等の化学消防車が出動し、集中放水を行う。また、飛行場内の貯水槽からポンプ車へ給水し、放水する訓練、多数の負傷者の救出訓練も実施。

(3) 訓練項目

 航空機事故初動消火対応に重点をおいた訓練

  • 緊急連絡網による危機対応連絡訓練
  • 初期消火訓練
  • 緊急車両の飛行場内走行訓練(滑走路及び誘導路の閉鎖)
  • 投光車両による照明確保訓練
  • 事故機からの救出訓練等

問い合わせ先
東京都調布飛行場管理事務所
 電話 0422-34-4840

ページの先頭へ戻る