トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 11月 > 小平都市計画道路建設事業の環境影響評価書を提出

ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月19日  都市整備局,建設局

小平都市計画道路3・2・8(現3・3・8)号府中所沢線外(注)
(五日市街道~青梅街道間)建設事業の環境影響評価書を提出しました

 本日、東京都は、小平都市計画道路3・2・8(現3・3・8)号府中所沢線外(注)(五日市街道~青梅街道間)の建設事業について、東京都環境影響評価条例に基づき、東京都知事(環境局)に環境影響評価書を提出しましたのでお知らせします。
 東京都では、平成23年9月に環境影響評価書案の提出、平成24年4月に「環境影響評価書案に係る見解書」の提出を行うなど、手続を進めてきました。
 環境影響評価書では、環境影響評価を行う項目として、「大気汚染」、「騒音・振動」、「水質汚濁」、「生物・生態系」、「景観」、「史跡・文化財」、「自然との触れ合い活動の場」及び「廃棄物」の8項目を選定し、事業の実施が環境に及ぼす影響について予測・評価を行いました。
 今後は、都市計画変更を経て、事業認可を取得し、沿道環境に配慮した道路整備を進めていきます。

対象事業の概要

名称

 国分寺都市計画道路3・2・8号府中所沢線及び小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線(国分寺市東戸倉二丁目~小平市小川町一丁目間)建設事業

区間

 国分寺市東戸倉二丁目~小平市小川町一丁目

延長

 約1.4キロメートル

車線数

 往復4車線

道路幅員

 36メートル(標準横断図のとおり)

本路線の整備による効果

  • 多摩地域における人やモノの動きの円滑化
  • 府中街道をはじめとする周辺道路の渋滞緩和
  • 生活道路に進入する通過交通の排除による良好な居住環境の確保
  • 地域の防災性や安全性の向上
  • 環境施設帯による快適な都市空間の創出

 なお、「環境影響評価書の要約」、「位置図」及び「標準横断図」は、別紙のとおりです。

※別紙

(注) 都市計画変更に伴い、現在の「小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線」から「小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線」に名称を変更する予定です。また、本事業区間の大部分が小平都市計画道路3・2・8号の区間ですが、一部、国分寺都市計画道路3・2・8号の区間が含まれます。

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標4「陸と海と空を結び、東京の国際競争力を引き上げる」
 施策10「陸・海・空の高度な交通ネットワークを形成し、国際競争を勝ち抜く」

問い合わせ先
都市整備局都市基盤部街路計画課
 電話 03-5388-3328
建設局道路建設部計画課
 電話 03-5320-5318

ページの先頭へ戻る