トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 11月 > 米国から都立代々木公園にハナミズキ寄贈

ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月8日  建設局

米国からハナミズキが寄贈されます

 1912年(明治45年)に東京市から米国へ約3,000本のサクラが寄贈されてから、今年で100周年を迎えます。このたび、これを記念し米国政府から日米友好の象徴として北米原産の樹木であるハナミズキ100本が都立代々木公園に寄贈されることになりましたので、お知らせします。
 また、寄贈当日には、東京都主催による植樹式を執り行います。

写真 写真
ハナミズキイメージ

1 寄贈されるハナミズキ

本数

 100本

植樹場所

 都立代々木公園 オリーブ広場、パノラマ広場

寄贈日

 平成24年11月16日(金曜)

《参考》ハナミズキ

 北米・メキシコ原産の落葉広葉樹。
 1912年に当時の東京市長尾崎行雄がワシントンにサクラを贈り、その返礼に東京に贈られた木としてよく知られている。最初は植物園や公園に植えられる程度だったが、最近では庭木や街路樹として各地に植えられ、苞片(ほうへん)(※)が白、赤、ピンク、黄色のもの、斑入り葉など園芸品種も多い。高さ5~12メートルになり、よく分枝する。花期は4~5月で、秋には美しく紅葉する。果実は枝先に数個集まってつき、10月頃光沢のある深紅色に熟す。(参考:「日本の樹木」山と渓谷社)
(※)花弁のように見えるつぼみを包む葉

2 植樹式開催について

日時

 平成24年11月16日(金曜)12時00分から12時30分まで
※小雨決行

場所

 都立代々木公園 オリーブ広場

次第

 主催者挨拶(東京都知事代理 副知事 猪瀬直樹)
 来賓挨拶(ソネンシャイン米国国務次官)
 来賓紹介
 目録贈呈
 知事感謝状贈呈
 植樹

主催

 東京都
※式典終了までは一部立ち入りできない場所があります。

代々木公園案内図

案内図

問い合わせ先
建設局公園緑地部計画課
 電話 03-5320-5372

ページの先頭へ戻る