ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月1日  建設局

多摩動物公園情報
多摩動物公園からのお知らせ

1.キングチーターが生まれました!―国内で2例目の誕生です―

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)でチーターが3頭生まれました。そのうち2頭は世界的に見ても非常に珍しい「キングチーター」(※)と判明しました(1頭は残念ながら死亡しました)。

写真
【右上がキングチーター】 【下がキングチーター】

(1) 誕生したチーター

  • 誕生日
    2012年10月10日(水曜)
  • 頭数
    3頭
  • 性別
    オス2頭
    メス1頭(10月11日(木曜)に死亡)

(2) 両親

 母親:キキョウ 9歳(2003年4月23日 南アフリカ共和国生まれ)
 父親:カンガ 3歳(2009年1月6日 富士自然動物公園生まれ)

(3) 経過

 10月10日(水曜)、キキョウ(メス)とカンガ(オス)に3頭の赤ちゃん(うち2頭はキングチーター)が誕生しました。残念ながら10月11日(木曜)にキングチーターのメス1頭は死亡しました。解剖の結果、死因は腎挫傷で、母親の下敷きになってしまったものと思われます。現在、母親は落ち着いて赤ちゃんの世話をしており、残りの2頭はすくすく育っています。
 10月15日(月曜)に初めての体重測定を行ったところ、キングチーターは770グラム、もう一方は850グラムでした。
 10月31日(水曜)の体重はキングチーター1600グラム、もう一方は1800グラムと順調に成長しています。

※キングチーターについて

 通常のチーターの体には独特の斑点模様がありますが、キングチーターはその斑点がつながり、帯状となるのが特徴です。発見当初は別種とされていましたが、遺伝的な研究によって両者は同種と判明し、キングチーターはチーターの変異個体であることが明らかになりました。キングチーターの体の模様に関する遺伝子は劣性遺伝子であり、両親双方からその遺伝子を受け継いで初めて2つの劣性遺伝子が対になり(ホモ接合)、特徴のある模様が現れます。世界では野生個体と飼育個体を合わせても数十頭ほどしかいないという報告もあります。
 当園では2011年6月11日、スミレ(メス)とカイ(オス)との間に、日本で初めてキングチーター(ナデシコ(メス))が生まれました(2011年7月28日に発表済)。今回はキキョウ(メス)とカンガ(オス)による繁殖で、キングチーターの誕生は国内2例目となります。なお、現在国内でキングチーターを飼育しているのは当園だけです。

(4) 赤ちゃんの動画の公開について

 11月2日(金曜)より、飼育担当者が撮影した動画を、ウェブサイト「東京ズーネット」及び、当園ウォッチングセンター内エントランスで公開します。ウェブサイト「東京ズーネット」には、11月2日(金曜)の9時30分に公開します。ウォッチングセンターの利用時間は9時30分~16時30分です。

(5) 当園でのチーターの飼育状況

 17頭(オス9、メス8)※今回生まれ育っている2頭を含む。

(6) 国内のチーター飼育状況(2011年12月31日現在)

 9園館 98頭(オス50頭、メス48頭)
 資料:「チーター国内血統登録」【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】チーター(ワシントン条約附属書1表、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Acinonyx jubatus jubatus
  • 英名
    African cheetah
  • 分類
    食肉目ネコ科
  • 分布
    アフリカのニジェール共和国、ナミビア共和国、ボツワナ共和国などのサバンナ
  • 習性等
    陸上を走る動物のなかでは最も速く、時速100キロメートル以上のスピードで走ることが出来る。ただし、このスピードは長続きせず、継続して400メートルほどしか走ることができない。獲物を捕らえるときは時間をかけてそっと近づき、30メートルほどの距離から一気に追いかけてしとめる。

※附属書1表の正しい表記はローマ数字です。

2.とべ動物園からアフリカゾウの「砥夢(トム)」来園!!

 当園に、愛媛県立とべ動物園からオスのアフリカゾウ「砥夢(トム)」が来園しますのでお知らせします。

写真
【砥夢(トム)です!】

(1) 来園日

 2012年11月27日(火曜)

(2) 来園するアフリカゾウ

  • 名前
    砥夢(トム)
  • 性別
    オス
  • 生年月日
    2009年3月17日(3歳7ヶ月・とべ動物園生まれ)
     父親 アフ 1987年(推定) 南アフリカ共和国生まれ
     母親 リカ 1986年(推定) 南アフリカ共和国生まれ
    1988年9月16日 とべ動物園来園(両親とも)

(3) 移動経緯

 当園では現在、2頭のメスのアフリカゾウを飼育しています。2006年8月にアフリカゾウ「タマオ」が急死して以来、オスが不在でした。この度、待ちに待ったオスゾウが愛媛県立とべ動物園からブリーディングローンにより来園することになりました。
 まだ子どものため、すぐの繁殖は無理ですが、近い将来、繁殖に貢献してくれることと思います。

※ブリーディングローンについて
 繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって、新たなペアを形成し、繁殖に寄与することを目的としています。

(4) 公開について

 公開につきましては砥夢(トム)が飼育場等に慣れてからとなります。日程等はウェブサイト「東京ズーネット」に掲載します。

(5) 当園での飼育状況

 3頭(オス1頭・メス2頭)※「砥夢(トム)」を含みます。

(6) 日本国内の飼育状況(2011年12月31日現在)

 23園館 44頭(オス8、メス36)
※資料…「アフリカゾウ国内血統登録」【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】アフリカゾウ(ワシントン条約附属書第1表、ただし一部地域は2表)

  • 学名
    Loxodonta Africana
  • 英名
    African elephant
  • 分類
    長鼻目ゾウ科
  • 分布
    アフリカ・サハラ砂漠以南
  • 生息地
    密林、サバンナ、沼地、半砂漠地帯。低地から海抜5,000メートル以上の高地に住む。
  • その他
    産児数は1頭。誕生時の子の体重90~120キログラム。哺乳期間2~3年。妊娠期間は約22ヶ月。

※附属書第1表、2表の正しい表記はローマ数字です。

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
(多摩動物公園)
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る