トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 11月 > 災害時の物資輸送に関する協定を締結

ここから本文です。

報道発表資料  2012年11月1日  福祉保健局

東京都災害備蓄倉庫及び公共トラックターミナルにおける
災害時の物資輸送に関する協定の締結について

 東京都は、大規模な災害が発生した場合に、避難者に迅速かつ円滑に物資を届けるために、備蓄倉庫や物資輸送拠点である公共トラックターミナルでの民間のノウハウを活用した物資輸送体制の構築を目指し、民間物流事業者と協議を重ねてきました。
 この度協議が整い、「社団法人東京都トラック協会」、「日本自動車ターミナル株式会社」及び「一般社団法人全国物流ネットワーク協会」と協定を締結しましたので、お知らせします。
 今後は、各事業者と東京都が連携し、より実効性のある災害時物資輸送対策を進めていきます。

1 東京都災害備蓄倉庫の物資輸送に関する協定

  • 協定名
    災害時における東京都災害備蓄倉庫での荷役作業等に関する協定
  • 協定締結先
    社団法人東京都トラック協会
  • 主な協定内容
    東京都災害備蓄倉庫(島しょを除く17か所)での荷役作業

2 公共トラックターミナル(京浜・板橋・足立・葛西)の物資輸送に関する協定

(1)

  • 協定名
    災害時における施設使用等に関する協定
  • 協定締結先
    日本自動車ターミナル株式会社
  • 主な協定内容
    トラックターミナルの被災状況等の情報提供、物資輸送拠点に必要な施設の提供

(2)

  • 協定名
    災害時における緊急物資の受入れ及び輸送等に関する協定
  • 協定締結先
    一般社団法人全国物流ネットワーク協会
  • 主な協定内容
    協会会員が賃借しているトラックターミナルの荷扱場等の確保、トラックターミナルでの荷役作業、トラックターミナルから区市町村等への物資の輸送

3 協定による運営体制の概要

 別紙(PDF形式:98KB)のとおり

4 協定締結日

 平成24年10月31日(水曜日)

 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標1 「高度な防災都市を実現し、東京の安全性を世界に示す」
 施策2 「自助・共助の力を最大限に活かし、被害の最小化と都市機能の早期回復を目指す」

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部計画課
 電話 03-5320-4066

ページの先頭へ戻る