トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 東京都健康安全研究センター 公開セミナーを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月23日  福祉保健局

東京都健康安全研究センター 公開セミナー
「違法ドラッグの現状と東京都の取組」

 違法ドラッグについては、今なお合法と称して流通しており、若年層を中心としたその乱用が社会的に大きな問題となっています。最近は、いわゆる「脱法ハーブ」が問題となっており、それらを吸引した若者が意識不明となって救急搬送されたり、あるいは交通事故を引き起こしたりと、様々な事例が続発しています。
 東京都は、国に先駆けて「東京都薬物の濫用防止に関する条例」を制定し、違法ドラッグ(当時は脱法ドラッグと呼んでいました)による健康被害から都民を守る施策にいち早く取り組んできました。また、東京都健康安全研究センターでは、違法ドラッグの成分検査や人体への影響についての調査研究を行っています。
 今回は、違法ドラッグの現状と東京都の取組、健康安全研究センターでの研究成果について、都民の方を対象とした公開セミナーを開催いたします。

1 日時

 平成24年11月27日(火曜日)午後1時30分から午後4時30分まで

2 場所

 東京都健康安全研究センター本館6階会議室(新宿区百人町3-24-1)

3 人数等

 当日先着100名。無料。

4 講師

 東京都健康安全研究センター職員

5 講演内容

(1) 「監視指導における取組」

 「東京都薬物の濫用防止に関する条例」を始めとした違法ドラッグ対策全般について、東京都のこれまでの取組を中心にお話します。

(2) 「薬物乱用にかかわる植物の特徴」

 薬物乱用にかかわる植物の特徴について解説します。

(3) 「違法ドラッグを分析する」

 違法ドラッグにはどのような成分が混入されているのか、最新の科学技術を用いて解明を進めている試験検査の現状についてお話します。

(4) 「違法ドラッグのヒトへの影響を調べる」

 違法ドラッグが引き起こす行動や中枢・自律神経症状、神経伝達物質の変化などについてお話します。

問い合わせ先
東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課
 電話 03-5937-1089

〔参考〕

東京都健康安全研究センターのご案内

所在地

 〒169-0073 東京都新宿区百人町三丁目24番1号

電話

 03-3363-3231(代表)

アクセス

※駐車スペースがありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

  1. JR中央・総武線大久保駅北口 徒歩約8分(約500メートル)
  2. JR山手線新大久保駅 徒歩約10分(約800メートル)

案内図

ページの先頭へ戻る