トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 東京都在宅療養推進シンポジウムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月11日  福祉保健局

―在宅療養における病状変化と急変時の対応―
東京都在宅療養推進シンポジウムの開催について
東京都・社団法人東京都医師会共催

 東京都では、病院のスタッフ(医師、看護師、医療ソーシャルワーカー等)と地域の在宅療養スタッフ(在宅医、在宅歯科医、薬局薬剤師、訪問看護師、介護職等)が在宅療養をめぐる情報を共有することで、都民が身近な場所で安心して適切に在宅療養を受けられるようにするため、平成21年度から、『東京都在宅療養推進シンポジウム』を開催しています。
 4回目となる今回は、在宅療養中の「病状の変化」と「急変」の違いを明らかにすることで、安心して在宅療養を継続するために必要な「病状変化時の対応体制」や「生活を支える医療」について考えていきます。

1 開催日時

 平成24年11月10日(土曜日) 14時00分から17時00分まで(13時00分開場)

2 開催場所

 東京都庁第一本庁舎5階 大会議場

3 内容

 第1部 基調提言
 在宅療養患者における「病状の変化」と「急変」時の対応について
 第2部 総合討議
 テーマ「24時間365日安心できる在宅療養の推進のために」
 ―在宅療養患者における「病状の変化」と「急変」時の対応について―

4 募集人数及び参加対象

 500名(入場無料/申込者多数の場合は抽選)
 医療・介護関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、介護職など関係多職種)

5 申込方法

 別紙「参加申込書」に、所属・氏名・職種・電話番号を記載の上、ファクスにて下記申込先までお送りください。
※申込先
 社団法人東京都医師会 事業部 医療福祉課
 ファクス番号:03-3292-7097
※申込期限は、11月2日(金曜日)です。
※詳細は別添「東京都在宅療養推進シンポジウムのお知らせ」(PDF形式:536KB)を御参照ください。

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6 「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策17「生涯にわたり健康に暮らし、質の高い医療が受けられる社会を創る」

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療政策課
 電話 03-5320-4446

ページの先頭へ戻る