トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 中央図書館展示 中世の技と美-彩飾写本の魅力にふれる

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月24日  教育庁

東京都立中央図書館企画展示のお知らせ
「中世の技と美 彩飾写本の魅力にふれる」

 装丁や挿絵、文字のデザインなど、一つひとつに手をかけた芸術品といえるヨーロッパ中世の彩飾写本(さいしょくしゃほん)。今回の企画展示では、当館所蔵のファクシミリ版資料を一挙公開します。『植物誌』や『ベアトゥス黙示録註解』など、絢爛豪華な彩飾写本を手で直接触れ、その魅力を感じていただきます。
 また、本の歴史や製本の美について、資料やパネルで紹介します。

※彩飾写本 美しく装飾され、手で書き写された本
※ファクシミリ版 極細部にいたるまでオリジナルを忠実に再現した写真複製版

日時

 平成24年11月23日(金曜日・祝日)から12月26日(水曜日)まで
 午前10時00分から午後5時30分まで【休館日 12月6日(木曜日)、21日(金曜日)】

展示内容

絢爛豪華な彩飾写本の世界

 『植物誌』(14世紀末作 カザナテンセ図書館蔵本)、『ベアトゥス黙示録註解』(13世紀前半作フランス国立図書館蔵本)などファクシミリ版彩飾写本18点を展示
※毎日1冊、直接手にとってご覧になれます。

本の歴史

  • 印刷の歴史
    パネルなどで解説。世界初の印刷聖書『Biblia sacra(グーテンベルク聖書)』や世界最古の印刷物『百万塔陀羅尼(ひゃくまんとうだらに)』などの複製を展示
  • 紙の歴史
    パネルなどで解説
    ※パピルスや羊皮紙などの実物を手にとってご覧になれます。

製本の美

 彩飾の技術、マーブリング(墨流し)、修復技術を中心に展示・解説

ビデオ上映

 『書物5000年』(VHSビデオ 全13巻)の上映
 グーテンベルク聖書などの貴重書を美しい画像により紹介

会場の御案内

 東京都立中央図書館4階 企画展示室(入場無料)

所在地

 東京都港区南麻布5-7-13

最寄り駅

  • 東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩8分
  • 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩20分
  • 都バス 橋86系統(目黒~新橋駅) 愛育病院前 徒歩2分
  • 港区コミュニティバス(ちぃばす) 麻布ルート 97愛育病院 徒歩2分

※別添 「中世の技と美 彩飾写本の魅力にふれる」チラシ(PDF形式:1.53MB)

問い合わせ先
東京都立中央図書館
 電話 03-3442-8451

ページの先頭へ戻る