ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月2日  産業労働局

平成24年10月17日(水曜)~19日(金曜) 東京ビッグサイトにて開催
危機管理産業展2012
開催のご案内について

 株式会社東京ビッグサイトは「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2012」を開催します。
 この展示会は、防災・防犯に加え、行政・企業の事業リスク軽減策にいたるまで、危機管理に関わる全ての分野を網羅したビジネストレードショーです。
 8回目を迎える今回は、「震災対策と、安全・安心未来の創造」をテーマとし、特に行政・企業に対し災害対策の必要性を訴求する様々な製品・技術・サービスが出展されます。
 また、来場者の方々が、目的の出展物を検索しやすくするために、カテゴリー毎の集中展示を実施します。特に、発生が危惧される首都直下地震に対し、「地震対策」「帰宅困難者対策」「非常時通信」「救助・救出」等に加え、集中豪雨や大型台風等への対策として、「災害監視・観測」「水害対策」等のカテゴリーも新設し、より充実した内容となっています。
 好評をいただいているスペシャル・カンファレンスでは、わが国を代表する危機管理の専門家を集め、国家の危機管理からBCP(事業継続計画)、サイバー攻撃対策まであらゆる危機管理をテーマに開催します。

 関係事業者や都民の皆様の多数のご来場をお待ちしています。
※展示会の詳細・最新情報は公式ウェブサイトをご覧ください。

1 展示会の目的

(1) 産業振興への寄与

 危機管理に関する製品・サービスの展示から新たなビジネスチャンスを創出し、都内の産業振興へ寄与します。

(2) 危機管理の重要性の普及

 会議やセミナーの開催を通じ、危機管理の重要性を広くPRします。

2 開催概要

会期

 平成24年10月17日(水曜)~19日(金曜) 各日とも10時00分~17時00分

会場

 東京ビッグサイト西1・2ホール、屋外展示場、会議棟

主催

 株式会社東京ビッグサイト

特別協力

 東京都

出展者数

 313社(共同出展含む、9月28日現在)

来場者数

 70,000名(見込み) ※前回実績:63,274名

入場料

 2,000円(招待券持参者、事前登録をした方は無料)
※事前登録はホームページから

※「危機管理産業展2012」開催に関する詳細は、RISCON TOKYO事務局にご確認をお願いします。
 電話:03-3503-7641
 ファクス:03-3503-7620
 Eメール:ofc(at)kikikanri.biz
 ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

問い合わせ先
産業労働局商工部調整課
 電話 03-5320-4754

〔別紙〕

カテゴリーと主な出展製品

(1) 防災エリア ―各種災害への対策資機材・製品・技術―

  • 災害対策全般
    総合防災システム、災害情報受発信ツール、災害用コンテナ、避難誘導システム、ハザードマップ、災害用特殊車両
  • 帰宅困難者対策
    帰宅支援ツール、簡易トイレ、備蓄物資、非常食、飲料水製造装置、避難所資機材
  • 救助・救出
    投光器、救助資機材、搬送機器、救助ロボット・無人探索機、ソナー
  • 地震対策
    耐震・免震・制震器具/技術、転倒防止器具、震度計測装置、緊急地震速報
  • 火災対策
    消火器具・システム、防火・耐熱服、火災報知機
  • 災害・救急医療
    AED・蘇生器、救急医療資機材、DMAT資機材、救急医療情報システム
  • 気象災害対策
    観測・計測機器・センサー、斜面・法面防災技術、気象情報サービス
  • 水害対策
    救命胴衣、避難用資機材・設備、津波対策コンサルティング
  • 災害監視・観測
    災害監視システム、観測衛星システム

(2) リスク管理エリア ―事業運営・継続のための各種サービス、システム―

  • リスクマネジメント全般
    リスクコンサルティンング、ヒューマンエラー対策システム、コーポレートガバナンス
  • 非常時通信
    無線機、緊急通信ネットワーク、安否確認システム、衛星通信、緊急通報システム、防災行政無線、無線局舎
  • 停電・節電対策
    発電機、蓄電池、エネルギー管理システム、LED照明
  • BCP/BCM
    緊急連絡システム、策定コンサルティング、認証支援サービス
  • 新興感染症対策
    消毒剤、防護服
  • 雷害対策
    避雷機器、雷計測装置
  • 災害対応型クラウドコンピューティング
    データセンターサービス、クラウドプラットフォーム、SaaS

(3) 防犯エリア ―各種犯罪の予防、治安確保を目的としたシステム、資機材―

  • 監視システム
    監視カメラ・ダミーカメラ、遠隔監視システム、画像改善・解析装置
  • 地域防犯
    防犯パトロール用品、防犯装備・護身具
  • 外周セキュリティ
    侵入防止機器
  • 警備サービス
    装備・護身具
  • 入退管理
    カードリーダーシステム

(4) 環境リスク対策パビリオン ―有害環境物質や土壌汚染等に関する対策資機材、サービス―

  • 分析・測定・検知機器、除去・浄化技術、除染資機材、調査サービス、コンサルティング

(5) サイバー攻撃対策パビリオン ―サイバー攻撃等に対するソフトやシステム、各種サービス―

  • 入口・出口対策、脆弱性対策、暗号化技術

(6) U.S.A.パビリオン ―米国製品を扱う国内企業や米国企業を、大使館がオーガナイズ―

  • 様々な危機管理製品
    防災無線スピーカーシステム、GIS、ハザードマップ、防毒マスク

 出展者の詳細情報はこちらから(製品から検索も可能です)

スペシャル・カンファレンス

1.基調トークセッション 10月17日(水曜)11時00分~12時00分 会議棟1階 レセプションホールB

  • 漂流する日本丸―どうする、国家の危機管理―
    立命館大学客員教授/(一財)キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 宮家邦彦氏
    帝京大学教授/東京都参与 志方俊之氏

2.特別講演 10月17日(水曜)13時00分~14時00分 会議棟1階 レセプションホールB

  • 企業、行政、地域、家庭の防災・危機管理~防災隣組と近助の精神
    講師:防災システム研究所所長/防災・危機管理アドバイザー 山村武彦氏

3.シンポジウム 10月17日(水曜)15時00分~16時30分 会議棟1階 レセプションホールB

  • 首都圏の帰宅困難者対策―首都直下地震に備える―
    【パネリスト】東京都危機管理監 宮嵜泰樹氏、国土交通省 官房参事官(鉄道) 松本勝利氏、一般社団法人日本経済団体連合会 危機対応タスクフォース副座長/株式会社日本アイ・ビー・エム特別顧問 平工奉文氏
    【コーディネーター】名古屋大学 減災連携研究センター准教授 廣井悠氏

4.危機管理セミナー 10月18日(木曜)、19日(金曜) 会議棟6階 607+608会議室

  • J-ALERT の運用実績と課題
  • 防犯と防災は今や両輪である!
  • ニューヨーク9.11からの復興から見た東日本大震災後の日本
  • BCPへの投資と企業の新たな成長モデル
  • サイバー攻撃対策の基礎―見えない危機への備え―
  • 海外進出のための社会心理的リスク・マネジメント

併催イベント

  • 東京消防庁/スーパーアンビュランス、デュアルファイター、特殊災害対策車の展示
  • 東京消防庁/救出ロボットの展示・実演
  • 東京消防庁/自走式可搬型地震動シミュレーターの展示・体験
  • 警察庁/講演「東日本大震災における警察の対応」
  • 防衛省 技術研究本部/壁透過レーダー等の展示・実演
  • 防衛省 技術研究本部/講演「防衛省技術研究本部のテロ災害等の取組み」
  • 体験コーナー/煙体験テント
  • 日本赤十字社/献血車両の展示・献血事業の実施
  • レインボータウンエフエム株式会社/会場限定番組の放送
  • 東京都 青少年・治安対策本部、総合防災部、産業労働局商工部、警視庁、東京消防庁、防衛省自衛隊、海上保安庁/東京都パビリオン「首都東京の危機管理」(関係各機関によるパネル・映像展示およびブースツアー)

特別併催企画

  • 『国内唯一のテロ対策専門展』 テロ対策特殊装備展(SEECAT)'12
     治安関係者限定。監視・警戒システムをはじめハイスペックな資機材が集結。
  • ※SEECATの最新情報はこちらから

    ページの先頭へ戻る