トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 事業者向け景品表示法ガイドブックを作成

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月29日  生活文化局

指導事例付き
事業者向け景品表示法ガイドブック
「知っておきたい広告表示のルール」を作成

 様々な広告表示に、不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)に違反する不当な表示が多く見受けられます。
 都は、事業者が消費者の立場に立ち、景品表示法を遵守した広告表示に自主的に取り組むよう、都における実際の指導事例を盛り込んだ事業者向けガイドブックを初めて作成しましたので、お知らせします。

1 ガイドブックの名称

 「景品表示法の正しい知識 知っておきたい広告表示のルール」

2 主な内容

イメージ
  1. 不当な表示の禁止(優良誤認表示、有利誤認表示、その他)
  2. 不当な表示につながりやすい事例(ナンバーワン表示、二重価格表示、強調表示と打消し表示)
  3. 表示には「合理的な根拠」が必要です
  4. 景品表示法違反行為があったときは
  5. 広告表示にあたって守るべきこと
  6. 参考となるホームページや相談窓口

3 配布方法

 インターネット上で公開・配布
 (ホームページ「東京くらしWEB」からダウンロードしていただけます。)

問い合わせ先
生活文化局消費生活部取引指導課
 電話 03-5388-3068

ページの先頭へ戻る