トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 全国アビリンピック 東京都代表選手の成績

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月23日  産業労働局

全国アビリンピックで東京都代表選手が優秀な成績をおさめました!

 障害のある方が技能日本一をかけて競う『全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)』(平成24年10月20日~22日)が長野県において開催されました。東京都選手団(12名が12種目に出場)は、日頃職場などで培った技能をいかんなく発揮し、銀賞1名、銅賞2名、努力賞1名という素晴らしい成績をおさめました。

全国アビリンピック入賞者<敬称略>

 銀賞1名 オフィスアシスタント種目 和地智明(わちともあき)(株式会社富士電機フロンティア東京事業所)
 銅賞2名 歯科技工種目 三井悟(みついさとし)(和田精密歯研株式会社)
 パソコン操作種目 富田宇宙(とみたうちゅう)(キヤノンソフトウェア株式会社)
 努力賞1名 建築CAD種目 村上貞子(むらかみていこ)(物産不動産株式会社)
<東京障害者職業能力校 CADオペレータ科 平成18年度生(就職のため中途退校)>

写真
開会式・東京都旗入場
旗手(菅野涼選手)
【銀賞】オフィスアシスタント種目
和地智明選手

全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)

 アビリンピックは、アビリティ(ABILITY=能力)とオリンピック(OLYMPIC)を組み合わせた造語で、15歳以上の障害のある方々が技能を競う「障害者技能競技大会」のことです。
 障害のある方が職業的に自立するという考え方を広めるとともに、事業主や社会の理解を深めることを目的としています。
 全国大会には、都道府県ごとに実施される地方大会で優秀な成績を収めた者、各都道府県知事が推薦した優秀な技能を有する者が出場します。

今年度の全国アビリンピック(第33回全国障害者技能競技大会)概要

開催日程

 平成24年10月20日(土曜)から10月22日(月曜)まで

種目・選手数

 喫茶サービスなど 23種目 307名
 (うち東京都代表 12種目 12名)

場所

 開会式・閉会式会場:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
 競技会場:ビッグハット、ホワイトリング

東京都代表選手参加種目:12種目12名

  • 平成23年度 第10回東京アビリンピックの金賞受賞者を選手として選出した競技(6種目6名)
    ワード・プロセッサ、データベース、喫茶サービス、オフィスアシスタント、パソコン操作、パソコンデータ入力
  • 公募のうえ、書類審査、面接等により選手を選出した競技(6種目6名)
    DTP、機械CAD、建築CAD、歯科技工、ホームページ、ビルクリーニング

写真
【銅賞】歯科技工種目
三井悟選手
【銅賞】パソコン操作種目
富田宇宙選手
写真
【努力賞】建築CAD種目
村上貞子選手
閉会式

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部能力開発課
 電話 03-5320-4717
 ホームページ http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/

ページの先頭へ戻る