トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 基準値を超える放射性セシウムを検出した牛について

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月17日  福祉保健局

基準値を超える放射性セシウムを検出した牛について

 東京都では、平成23年12月23日から都立芝浦と場に搬入された牛について、牛肉の放射性物質の全頭検査を実施しています。
 本日、検査を実施した牛1頭から、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムを検出したのでお知らせします。

1 検査結果

(1) 検査実施機関

 ア スクリーニング検査 芝浦食肉衛生検査所
 イ 確定検査 東京都健康安全研究センター

(2) 検査検体

 都立芝浦と場で10月16日にと畜された牛(31ヶ月齢)

(3) 検査結果

 基準値を超える放射性セシウム(セシウム134及びセシウム137の合計)を検出

検体名 生産地 検査結果(Bq(ベクレル)/キログラム) 食品衛生法の基準値
(Bq(ベクレル)/キログラム)
セシウム134 セシウム137 セシウム合計
牛肉 宮城県登米市 61 87 150 100
※セシウム合計値は有効数字2桁で記載

2 都の対応

(1) 当該牛肉については、内臓を含めすべて食肉市場内で留め置いており、流通していない。
(2) 当該牛肉については、食品衛生法に基づき、販売禁止等の措置を行う。

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4400、4413、4456

ページの先頭へ戻る