トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 「第11回アジア観光促進協議会」共同宣言を採択

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月11日  産業労働局

「第11回アジア観光促進協議会」共同宣言を採択しました
アジアの都市が周遊型事業「ワン・アジア・パス」(仮称)の運用開始に合意

 平成24年10月10日にハノイ(ベトナム)で開催された「第11回アジア観光促進協議会(事務局 東京都)」におきまして、共同宣言を採択いたしましたのでお知らせいたします。
 また、当協議会において合意した事項についても併せてお知らせいたします。共同宣言、合意事項は、別紙のとおりです。
 今回の協議会では、周遊型旅行事業「ワン・アジア・パス」(仮称)について、平成25年度から事業の開始を目指すことに合意しました。また、会員都市が旅行目的地として、その認知度を向上させるために、希望する会員都市同士で相互にPRを行うことにより、会員都市間での旅行者誘致を図ることを新たに決定しました。
 また、11日に民間事業者等を交えた拡大会議を実施し、観光と持続可能性に関して意見交換を行います。

イメージ

出席者

 都市代表者(デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、台北、東京)

 「アジア観光促進協議会」は、アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)の共同事業の一つである、ウェルカムアジアキャンペーンの推進について協議するため開催しています。
 協議会では、アジアの都市が連携して相互に情報交換しながら、特色ある産業活動や都市基盤を魅力ある観光資源として打ち出し、旅行者を誘致するとともに、各都市の観光促進することを目指しています。

※別紙 第11回アジア観光促進協議会共同宣言(PDF形式:180KB)
※別紙 第11回アジア観光促進協議会合意事項(PDF形式:75KB)

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4723

ページの先頭へ戻る