ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月11日  政策企画局

アジア大都市ネットワーク21「第11回アジア旅客機会議」の開催結果について
アジア5か国との連携による「共同調査研究」の必要性で一致

 アジア大都市ネットワーク21の共同事業「中小型ジェット旅客機の開発促進」の国際会議である「第11回アジア旅客機会議」が愛知県名古屋市で開催されましたので、その結果をお知らせします。

写真

第11回アジア旅客機会議について

1 日時

 平成24年10月10日(水曜)10時30分~12時15分

2 会場

 ポートメッセなごや(愛知県名古屋市)
※国際航空宇宙展2012にあわせて開催

3 出席者

 共同事業参加都市の旅客機専門家(インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア、台湾)
 日本国内検討委員会委員(国、重工メーカー、航空会社、商社、学識経験者)
 計36名

会議の開催結果

1 議事の概要

  1. 開会挨拶(東京都副知事 秋山俊行、愛知県産業労働部次長 杉浦健二氏)
  2. 基調講演「革新技術の創出によりアジア旅客機の実現を」
    (「中小型ジェット旅客機の開発促進」検討委員会座長 中橋和博氏)
  3. フロアディスカッション「アジアが求める旅客機とその推進に向けて」

2 議論のポイント

  • 開会挨拶に続き、「中小型ジェット旅客機の開発促進」検討委員会座長の中橋和博氏から、世界の航空機産業や航空技術の動向、アジアの能力と技術を活用した「アジア旅客機」の可能性等について基調講演を行いました。
  • 続くフロアディスカッションでは、まず各国の航空機産業の取組についての紹介があり、これらを踏まえアジア旅客機についての意見交換が行われました。
    この中で、アジア旅客機の実現に向け、「アジアの風土や地理に見合った機能・性能や各国のニーズの調査が必要」、「各国、各メーカーの開発・製造能力等を把握するべき」、「既存機種との差別化が重要」等の意見が出されました。
  • これらを踏まえ、2010年に策定した「アジア旅客機ビジョン」の内容の補強、充実を図るため、アジア5か国との間で「共同調査研究」を実施していくことが必要との認識で一致、今後、実施方法等について検討していくこととしました。

※同日の午後には国際航空宇宙展来場者を対象に公開の「アジア旅客機フォーラム2012」を開催、アジア旅客機をアピールしました(参加140名)。
※アジア旅客機会議及びフォーラムの詳細は、後日、ホームページに掲載する予定です。

写真

問い合わせ先
知事本局外務部国際共同事業担当
 電話 03-5388-2231

〔参考〕

1 アジア大都市ネットワーク21(Asian Network of Major Cities 21)について

(1) 目的

 アジア地域の首都及び大都市が、新技術開発、環境対策、産業振興など共通の課題に取り組むため、共同して事業を推進し、その成果をアジア地域の繁栄と発展につなげていくことを目指す。

(2) 参加都市

 バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京、トムスク、ウランバートル、ヤンゴン(アルファベット順)

(3) 主な共同事業

 「中小型ジェット旅客機の開発促進」、「危機管理ネットワーク」、「都市と地球の環境問題」、「職員能力向上プログラム」、「アジア感染症対策プロジェクト」、「ウェルカムアジアキャンペーン」、「アジア舞台芸術祭」等

2 「中小型ジェット旅客機の開発促進」事業の概要

(1) 目的

 アジアの航空需要が増大する中で、アジアのアイデンティティをより強固なものにするとともに、航空機産業の発展に寄与するため、アジアの技術と能力を活かした中小型ジェット旅客機の開発・製造と就航を促進する。

(2) 参加都市

 デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、台北、東京(幹事都市)

(3) 活動実績

  • 「中小型ジェット旅客機の開発促進」検討委員会(平成14年~)
    本事業について建言を得ることなどを目的に、学識経験者、国、公的機関、重工メーカー、運航者及び総合商社計20名で構成
  • アジア旅客機会議(国際会議)(平成14~24年度、年1回、計11回開催)
    検討委員会委員、アジアの航空機専門家、エアライン等が一堂に会する。
  • 平成22年11月「アジア旅客機ビジョン」を公表
  • 平成24年10月第3回アジア旅客機フォーラム(公開)を開催

 その他の情報は、ホームページをご覧ください。

画像

3 国際航空宇宙展の概要

 国内外の航空宇宙関連企業・団体を一同に集め、トレード・情報交換等の促進を図るとともに、航空宇宙関連産業の振興と同産業に対する国民の理解並びに国民生活の向上に寄与することを目的として開催される4年に一度の航空宇宙展

会場

 ポートメッセなごや/中部国際空港 セントレア(一部日程)

会期

 2012年10月9日(火曜)~14日(日曜)

主催

 一般社団法人日本航空宇宙工業会

ページの先頭へ戻る