トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 社会福祉施設・保険医療機関等に対する指導検査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月4日  福祉保健局

平成23年度 指導検査報告書
都民が安心して福祉・医療サービスを利用できるように

 福祉保健局では、都民の皆様が、安心して質の高い福祉、医療サービスを利用することができるよう、これらのサービスを提供する事業者に対し、法令の遵守、適正なサービスの提供等について、指導・育成並びに実地検査を行っています。
 このたび、福祉、医療サービスの抱える課題を明らかにするとともに、事業者や医療機関等における課題の早期発見と自主的な早期改善を促すため、平成23年度に社会福祉施設や保険医療機関等を対象に実施した指導検査等の結果を取りまとめました。また、指導事例をもとに、事業者が誤りがちな事項をコラムとして紹介しています。

1 報告書の概要

(1) 実地検査数

 3,007か所

(2) 指導検査で指摘された主な問題点の例

  1. 介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)
    日用品について、入所者等の希望を確認した上で提供すべきところ、一律に提供し、画一的に費用を徴収している。
  2. 介護保険在宅サービス事業(福祉系)
    居宅サービス計画書に沿った訪問介護計画を作成していない。
  3. 障害福祉在宅サービス事業
    他事業者に対する情報提供について、利用者又は家族の同意を得ていない。
  4. 児童福祉施設
    調理及び調乳担当者の検便・健康診断が未実施である。
  5. 保険医療機関(医科)
    診療録の記載内容の不備や算定要件を満たさない診療報酬請求が見られる。

(3) 処分等

  1. 事業者に係る処分 9件
    介護保険サービス事業所 8件(指定取消4件、指定効力停止4件)
    障害福祉サービス事業所 1件(指定効力停止)
    ※指定取消には、廃止事業所等に対する取消相当を含む。
    ※保険医療機関等に対する処分等は、関東信越厚生局長が行っている。
  2. 返還金(介護報酬) 16,228,796円
    ※金額は、平成24年7月末時点で確定したものです。

2 主な配布先

 社会福祉法人、社会福祉施設、区市町村等
※都民情報ルームにて有償頒布をする予定です。
※本報告書は、平成24年10月中頃以降に福祉保健局ホームページに掲載する予定です。
 ホームページ:福祉保健局トップページ⇒福祉保健の基盤づくり⇒福祉保健施策⇒指導検査報告書

※参考 平成23年度 検査実績(PDF形式:162KB)

問い合わせ先
福祉保健局指導監査部指導調整課
 電話 03-5320-4051

ページの先頭へ戻る