トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 東京都水道局渇水対策本部の解散について

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月3日  水道局

東京都水道局渇水対策本部の解散について

 利根川水系渇水対策連絡協議会は、9月30日からの台風17号による降雨に伴い、利根川上流8ダムの貯水量が回復し、河川流況も改善されたことから、本日、10月3日10時00分をもって取水制限を全面解除しました。
 これを受け、東京都水道局渇水対策本部では、渇水対策対応方針(別紙)に基づく対策を終了し、本日をもって同渇水対策本部を解散することを決定しました。
 都民の皆さまには、より一層の節水に御協力いただいてきたところですが、限りある水資源の有効活用のため、引き続き節水への御協力をお願いして参ります。

※具体的な節水方法は次のURLを参照
 http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/sessui/index.html

※別添 水源状況について
※別添 利根川水系ダム貯水量及び降水量(PDF形式:253KB)
※別添 荒川水系ダム貯水量及び降水量(PDF形式:100KB)
※別添 多摩川水系ダム貯水量及び降水量(PDF形式:142KB)

問い合わせ先
(渇水対策本部関係)
水道局総務部総務課
 電話 03-5320-6306
(協議会関係)
水道局総務部施設計画課
 電話 03-5320-6340
水道局浄水部浄水課
 電話 03-5320-6446

〔別紙〕

渇水対策対応方針(9月7日)

 利根川水系の取水制限に対応するため、都としての基本方針及び対策を次のとおり定める。

1 基本方針

(1) 都民生活や都市活動への影響を最小限に抑え、かつ、公平な給水確保を図るため、効率的な水運用を行う。
(2) 必要な情報を適時適切に提供し、都民の理解が得られるよう努める。

2 9月11日からの10%取水制限に対する対策

(1) 多摩川水系を活用し、別紙1(PDF形式:18KB)のとおり、より一層効率的な水運用を図ることにより、都民への影響を最小限に抑える。
(2) 都民の皆さまには、別紙2(PDF形式:118KB)のとおり、より一層の節水をお願いする。

3 今後の対応

 今後、更に取水制限が強化された場合には、別途対策を検討する。

ページの先頭へ戻る