トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 10月 > 井戸水利用に伴う公共下水道不正使用に対する過料処分

ここから本文です。

報道発表資料  2012年10月1日  下水道局

井戸水利用に伴う公共下水道の不正使用に対する過料処分等について

 このことにつきまして、下記のとおり、東京都下水道条例に基づき、不正に免れた下水道料金の徴収及び不正使用等に対する過料処分を行いましたので、お知らせします。

1 対象者(被処分者)

 株式会社山の上ホテル(千代田区神田駿河台1丁目1番地)

2 不正使用の態様

 被処分者は、井戸水を利用して公共下水道を使用するには下水道局への届出が必要であることを知りながら、下水道料金を免れる目的で、無届で同ホテル本館の井戸水使用を開始して公共下水道へ排出した。
 また、井戸水使用量を計測する量水器を迂回するバイパス管を設置し、これを利用して使用量を実際より少なく偽ることで、下水道料金を不正に免れていた。

3 不正に免れた下水道料金

  • 不正使用期間
    平成21年4月5日~平成24年6月21日
  • 不正に免れた水量
    49,607立方メートル
  • 不正に免れた下水道料金
    17,970,135円

4 過料処分

  1. 井戸水利用に伴う公共下水道使用届出書の無届に対して(下水道条例第25条)
    50,000円の過料
  2. 下水道料金を不正に免れたことに対して(下水道条例第26条)
    免れた料金の2倍(35,940,270円)の過料

問い合わせ先
下水道局経理部業務管理課
 電話 03-5320-6573

ページの先頭へ戻る