ここから本文です。

報道発表資料  2012年9月12日  総務局

東京都工業指数年報(平成23年版)

 東京都では、都内工業生産活動の動向を明らかにすることを目的として、生産、出荷、在庫の各指数を作成し、「東京都工業指数月報」として公表しています。
 この月報の平成23年1月から12月までの値について、年間補正及び季節指数の改定を行い、平成23年版の年報としてとりまとめましたので、お知らせします。

平成23年の生産指数は、前年比5.8%低下
四半期別では、第3四半期から上昇傾向

1 平成23年の動向(年別・四半期別)

  • 平成23年の生産指数(原指数)は79.2で、前年比5.8%低下した。
    なお、全国の生産指数(同)は92.1で、前年比2.5%低下であった。
  • 平成23年の四半期別の生産指数(季節調整済指数)は、第2四半期(4~6月)まで低下したあと、第3四半期(7~9月)からは上昇傾向で推移した。

生産・出荷・在庫指数の推移

(平成17年平均=100.0)
グラフ

2 平成15年から23年までの動向(月別)

  • 生産指数(季節調整済指数)について、東京都で最も高いのは16年3月の107.5、最も低いのは21年5月の64.3であった。一方、全国で最も高いのは20年2月の110.1、最も低いのは21年2月の71.3であった。
  • 平成15年から20年までの月別動向をみると東京都が概ね低下傾向を示したのに対し、国は上昇傾向を示した。20年10月からは東京都、国ともに大幅に低下し、21年に底を打った後、上昇傾向を示していたが、23年3月に大きく低下し、その後上昇傾向を示している。
    (なお、下記グラフには、東京の工業に影響を及ぼす要因の一つとして考えられる為替相場の推移を参考として示している。)

東京都と全国の生産指数の月別推移

(平成17年平均=100.0)
グラフ
 出典:為替相場「日本銀行(東京市場 ドル・円スポット17時時点/月末)」
 参考:米国投資銀行リーマンブラザーズ破綻(平成20年9月15日) 東日本大震災(平成23年3月11日)

※詳しい内容は、統計情報ページの、東京都の統計・工業・東京都工業指数に掲載しています。

問い合わせ先
総務局統計部産業統計課
 電話 03-5388-2541

ページの先頭へ戻る