トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 9月 > 東京都中小企業知的財産シンポジウムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年9月20日  産業労働局

東京都中小企業知的財産シンポジウム開催!
未来をつくる知財戦略
世界と繋がりビジネスチャンスを広げよう

 東京都と(公財)東京都中小企業振興公社は、中小企業の方に向け知的財産シンポジウムを開催します。
優れた技術・製品を活かし世界規模で販路を拡大しようと中小企業の海外展開が進む中、海外ビジネスにおける実際の知財活用方法やトラブル対応策について具体的に知りたいとの声が少なくありません。
 そこで今回は、海外展開における中小企業の知財戦略について、中小企業の現場に詳しい専門家の基調講演や海外に広く事業展開をしている中小企業経営者によるパネルディスカッション等を通じ、具体的な知財活用方法や模倣対策等、より実践的な情報をご提供します。

開催日時

 平成24年12月4日(火曜日)13時30分~17時00分

会場

 東商ホール(千代田区丸の内3-2-2東京商工会議所ビル4階)

対象

 東京都内の中小企業経営者及び従業員

プログラム概要(受講無料)

(1) 基調講演

 「次世代型中小企業の経営戦略-アジアに展開する‘飛躍’型企業」

  • 関満博氏(一橋大学名誉教授、明星大学教授)

(2) パネルディスカッション

 「経験に学ぶ知財-そこから始まる新たな海外戦略-」

  • モデレータ
    石井康之氏(東京理科大学専門職大学院教授)
  • パネリスト
    高城和彦氏(株式会社マークス代表取締役)
    小林由吉夫氏(株式会社タニタ知的財産室室長)
    河野英仁氏(河野特許事務所所長)
    手塚敏廣(東京都知的財産総合センター知財戦略アドバイザー)

(3) 実務講演

 「中小企業のための海外進出の基本123-実践ステップとトラブル回避策」

  • 林いづみ氏(永代総合法律事務所弁護士/知財ネット事務局長)

(4) 事業案内

  • 生島博(東京都知的財産総合センター所長)

    ※会場内ブースで知的財産に関する専門相談が受けられます(18時00分まで)。


※詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

申込方法

  • 公式ウェブサイト又はファクスで受け付けます。(締切:11月27日(火曜日))
    ファクス:03-5644-7397(申込用紙は知財センター等で配布予定のチラシ(PDF形式:421KB)裏面)
    ※お申込み多数の場合は、お断りする場合がありますのでご了承ください。

基調講演者紹介

関満博(せきみつひろ)

 一橋大学名誉教授、明星大学教授。経済学博士、地域産業開発論。中小企業の現場の状況に精通し、製造業等人材育成にも力を入れている。アジア地域産業の著書も多数執筆。

パネルディスカッション登壇企業者紹介

高城和彦(たかぎかずひこ)

 株式会社マークス代表取締役、最高経営責任者。デザインステーショナリーの製造・販売。欧米・アジア地域等海外に広く事業を展開。

小林由吉夫(こばやしゆきお)

 株式会社タニタ知的財産室長。家庭用・業務用計測器の製造販売。
 日本知的財産協会アジア戦略プロジェクト模倣品対策WGリーダー。中国での模倣品対策において、行政摘発だけでなく積極的に訴訟も活用するなど、模倣品問題に関する多くの事案に携わっている。

東商ホールの交通案内

地図

(東京都千代田区丸の内3-2-2 東京商工会議所ビル4階)

  • JR山手線 有楽町駅 徒歩5分
  • JR京葉線 東京駅 徒歩2分
  • 都営三田線 日比谷駅 B7出口 徒歩2分
  • 東京メトロ千代田線 二重橋前駅 B7出口 徒歩2分


昨年度のシンポジウム会場の様子

 昨年度聴講者の声(アンケート回答より抜粋)
 「知財の重要性を再認識した」
 「中小企業の実例を解説を交えて聞くことができ、よかった」

写真 写真
基調講演 パネルディスカッション

東京都知的財産総合センター

 東京都知的財産総合センターは、中小企業の知的財産部門として知的財産の創造・保護・活用を支援しています。
 住所:台東区台東1-3-5 反町商事ビル1階
 URL:http://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/
 電話:03-3832-3656
 ファクス:03-3832-3659

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4749
(公財)東京都中小企業振興公社東京都知的財産総合センター
 電話 03-3832-3656

ページの先頭へ戻る