トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 9月 > 都健康長寿医療センター 23年度業務実績評価結果

ここから本文です。

報道発表資料  2012年9月13日  総務局,福祉保健局

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
平成23年度業務実績評価結果

 東京都が設立した地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターの平成23年度業務実績評価について、知事の附属機関である東京都地方独立行政法人評価委員会から知事に報告がありましたので、お知らせいたします。

1 東京都地方独立行政法人評価委員会

 示村悦二郎氏(早稲田大学名誉教授)を委員長とし、計17名の外部有識者で構成しています。地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターについては、高久史麿氏(日本医学会会長)を中心とした高齢者医療・研究分科会で評価を実施しました。

2 評価方針と手順

 都が定め法人に指示した4年間の中期目標の達成に向け、法人が作成した中期計画の事業の進行状況を確認すること、法人の業務運営の改善・向上に資することなどを評価の基本方針とし、法人から提出された業務実績報告書をもとに法人からのヒアリング等を実施しました。

3 評価結果の概要

  • 評価は、「項目別評価」と「全体評価」で実施しました。
  • 項目別評価は、「高齢者の特性に配慮した医療の確立と提供」「高齢者の医療と介護を支える研究の推進」「効率的かつ効果的な業務運営」などの分野における、平成23年度計画の計30項目について、事業の進捗状況・成果を5段階で評価し、2項目を最上位の「S」と評定しました。
  • 全体評価は、項目別評価を踏まえつつ、法人の中期計画の進行状況全体について評価し、「全体として年度計画を順調に実施しており、概ね着実な業務の進捗状況にある」と評定しました。

(1) 項目別評価(30項目)

  • 評定S(年度計画を大幅に上回って実施している)・・・2項目
    高齢者がんの病因・病態・治療・予防の研究、認知症の病因・病態・治療・予防の研究
  • 評定A(年度計画を上回って実施している)・・・11項目
    血管病医療への取組、高齢者の健康長寿と福祉に関する研究、財務内容の改善に関する事項 など
  • 評定B(年度計画を概ね順調に実施している)・・・17項目
    地域連携の推進、適正な研究評価体制の確立、外部研究資金の獲得 など
  • 評定C(年度計画を十分に実施できていない)・・・なし
  • 評定D(業務の大幅な見直し、改善が必要である)・・・なし

(2) 全体評価

 ア 総評

  • 全体として年度計画を順調に実施しており、概ね着実な業務の進捗状況にある。
  • 平成25年度に移転する新施設において、緩和ケア病棟を開設することを踏まえ、緩和ケア内科の標榜や緩和ケアチームの設置を行うなど、第二期中期目標期間を見据えた取組に着手した。
  • 東日本大震災発生後、被災地への医師等の派遣や、災害発生による都内の在宅療養高齢者への影響調査の実施など、非常時における対応を行った。今後の災害発生に備え、これらの実績を活かしていくことを期待する。

 イ 都民に提供するサービス及びその他の業務の質の向上に関する事項

  • 心臓外科の医師の増員配置を行い、血管病医療の体制強化を行ったことは、その後の治療件数の増にもつながっており、評価できる。
  • 認知症疾患医療センターの指定を想定し、精神保健福祉士や臨床心理士による初回面接を実践したことや、研究部門と連携し認知症の診断法の確立に取り組んだことは、顕著な実績である。
  • 食道がんの診断法に関する研究成果や、アルツハイマー病の原因となる脳内のタンパク質の蓄積状況を画像解析と病理解析の両方向から研究した成果が、学会等において対外的な評価を得ている。こうした着実な取組により、研究所の存在感・存在意義が、専門家や研究者のみならず、広く都民にも認知されることを期待する。

 ウ 法人の業務運営及び財務状況に関する事項

  • 業務の効率的かつ効果的な運営に向けて、入院に係る診療報酬請求業務を委託から直営に切り替え、請求業務のより一層の精度向上を図ったことは、地方独立行政法人ならではの機動的な経営判断である。
  • SPDシステム(物流・在庫管理システム)の導入による診療材料の大幅な在庫圧縮や、契約手法の見直しによるコスト減の成果が現れているが、今後はさらに、原価計算システムの検討を具体的な段階に進め、コスト管理体制を一層強化することを望む。

 エ 中期目標・中期計画の達成に向けた課題、法人への要望

  • 平成24年度は、第二期中期計画を作成するとともに、新施設への移転を安全・着実に進める重要な時期である。
  • トップマネジメントのイニシアチブを強化し、法人が一体となって、医療の質の確保や、患者の期待に応える安定した業務運営に努めるとともに、第二期につながる発展的な事業に取り組むことを期待する。

※参考 東京都地方独立行政法人評価委員会の概要(PDF形式:229KB)
※別添 平成23年度 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター業務実績評価書(PDF形式:3.95MB)

問い合わせ先
(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターの評価に関すること)
福祉保健局高齢社会対策部施設支援課
 電話 03-5320-4269
(東京都地方独立行政法人評価委員会に関すること)
総務局行政改革推進部行政改革課
 電話 03-5388-2339

ページの先頭へ戻る