トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 9月 > 24年度「東京ユビキタス計画」民間公募実験選定結果

ここから本文です。

報道発表資料  2012年09月12日  都市整備局

ユビキタス社会の実現を目指して!
平成24年度の民間公募実験を選定しました

 東京都では、いつでも、どこでも、誰でもが、必要な情報をその場で手軽に得ることができるユビキタス社会の実現に向けて、「東京ユビキタス計画」を展開しています。
平成19年度から、銀座等の実験フィールドを民間の技術の試行の場として提供し、ビジネスモデルの構築を促すこと等を目的として、民間公募実験を実施しています。
この度、下記のとおり、平成24年度の民間公募実験に参加する民間企業7グループ9社を選定しましたのでお知らせします(民間公募実験の募集概要については「東京ユビキタス計画」ホームページ(公開は終了しました)をご覧ください。(別添参照))。

選定企業 実験名称
ヤフー株式会社
ユーシーテクノロジ株式会社
銀座スマートスタンプラリー
パーソナルメディア株式会社 利用者の趣向を反映したご当地書籍の検索購入
凸版印刷株式会社 NFC技術を活用した商業店舗内におけるBtoCコミュニケーション促進実験
株式会社横須賀テレコムリサーチパーク
株式会社ぐるなび
ユーシーテクノロジ株式会社
ココシル銀座と既存サービスとの連携・マッシュアップによる場所情報提供システムの有用性の検証
KDDI株式会社
ユーシーテクノロジ株式会社
ucodeNFCタグを利用した電子クーポン配信システムによる集客効果・販売促進の検証
株式会社パスコ
凸版印刷株式会社
ユーシーテクノロジ株式会社
ucodeタグ、空間情報システムおよびそれを用いたユビキタス応用システムの技術的検証
株式会社IRO マンホールの保守点検支援システム

※実験の概要については、別紙「公募実験概要」を参照してください。

 本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
目標1「高度な防災都市を実現し、東京の安全性を世界に示す」
施策2「自助・共助の力を最大限に活かし、被害の最小化と都市機能の早期回復を目指す」
目標6「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
施策18「住み訪れる人が安心・快適に過ごすことができるまちを創る」

問い合わせ先
都市整備局総務部企画経理課
電話 03-5388-3268

ページの先頭へ戻る