トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 9月 > 都産技研センター旧西が丘庁舎の地下水汚染について

ここから本文です。

報道発表資料  2012年9月5日  環境局

東京都立産業技術研究センター旧西が丘庁舎の地下水汚染について

 環境局は、土壌汚染対策法及び環境確保条例に基づき土壌汚染状況調査を実施している地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターから、旧西が丘庁舎(北区西が丘三丁目)における概況調査の過程において敷地内の一部で地下水基準を超える結果が観測されたとの報告を受けました。
 このため、環境局では、周辺の地下水調査を行うこととしましたので、お知らせします。

1 (地独)東京都立産業技術研究センターの調査結果

地下水汚染の状況

 土壌汚染状況調査(概況調査)の一環として、第一種特定有害物質について地下水調査を実施したところ四塩化炭素の基準超過が確認された。

項目 調査地点数 超過地点数 最大値(超過倍率) 基準値
四塩化炭素 17 9 4.5ミリグラム/リットル(2250倍) 0.002ミリグラム/リットル

 四塩化炭素の敷地外への影響を確認するため、地下水下流側の敷地境界部において地下水調査を実施したところ基準超過が確認された。

項目 調査地点数 超過地点数 最大値(超過倍率) 基準値
四塩化炭素 2 2 0.33ミリグラム/リットル(165倍) 0.002ミリグラム/リットル

2 環境局の対応

(1) 敷地周辺の生活環境の安全性を確認するため、敷地周辺の飲用井戸について四塩化炭素の調査を行う。
(2) 今後、(地独)東京都立産業技術研究センター及び産業労働局に対して、土壌汚染対策法に基づき、汚染拡散防止等の措置を的確に行うよう指導していく。

問い合わせ先
環境局環境改善部化学物質対策課
 電話 03-5388-3473

ページの先頭へ戻る