ここから本文です。

報道発表資料  2012年8月22日  産業労働局

訪都旅行の回復をテーマに「海外現地事情セミナー」を開催
海外10都市から、観光レップが一斉参加!

 東京都では、ロサンゼルスやロンドンなどの海外10都市に「東京観光レップ※」を設置し、外国人旅行者を東京に誘致するために、現地でのセールス活動を行っています。
 東日本大震災や欧州経済危機による円高等の影響から東京を訪れる外国人旅行者の回復が遅れている状況を踏まえ、海外10都市の東京観光レップが一同に東京に集まり、「海外現地事情セミナー」を開催します。
 また、観光レップとともに各都市の現地旅行会社約50社(予定)が来日し、都内の宿泊・旅行・交通事業者など観光事業者と商談会も行います。

写真
(セミナーイメージ)

1 日時・場所

 平成24年9月28日(金曜) 午後1時00分~午後5時30分
 ホテルオークラ東京(港区虎ノ門2-10-4)

2 観光レップ設置都市(順不同)

 ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、トロント、ロンドン、ミュンヘン、ミラノ、マドリード、パリ、シドニー

3 概要

 海外現地事情セミナー

  • 震災や欧州経済危機による円高等の影響を踏まえた現地旅行市場の動向(現地のトレンドやトピック等最新情報)
  • 東京観光レップによる、現地エージェント情報や今後の展望など。

※都内観光事業者の方など、セミナー参加者を募集します。募集の詳細は別紙をご覧下さい。

※東京観光レップとは?
 海外に在住し、現地での東京のセールス活動を行う個人。東京向け旅行商品の造成を促進するため、現地旅行事業者等への情報提供やニーズの収集、商品企画のサポートなどを行っている。

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4723

ページの先頭へ戻る