トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 8月 > 多摩動物公園 オランウータン「ユキ」が福岡へ移動

ここから本文です。

報道発表資料  2012年8月30日  建設局

多摩動物公園情報
オランウータンの「ユキ」が福岡へ移動します

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、オランウータンの「ユキ」(メス)が、福岡市動物園へ移動することになりましたので、下記のとおりお知らせします。

(1) 移動するオランウータン

写真
ユキちゃん元気でね

 名前 ユキ
 性別・年齢 メス・推定42歳
 1970年生まれ 野生由来
 1973年12月24日 札幌市円山動物園に来園
 1998年10月30日 福岡市動物園に来園
 2008年2月13日 多摩動物公園に来園


(2) 移動予定日

 平成24年9月12日(水曜)
※移動に向けた準備のため9月3日(月曜)からご覧いただけない日があります。ご了承ください。

(3) 移動先

 福岡市動物園(福岡県福岡市)

(4) 経緯

 当園では野生での生息数が非常に少なくなっているオランウータンの保全のためにズーストック計画(※1)に基づき繁殖に力を入れています。「ユキ」は福岡市動物園のオランウータン舎改築を機に、オランウータンの飼育施設が充実している多摩動物公園で2008年より、ブリーディングローン(※2)を行い、繁殖を目指していました。この度、福岡市動物園の新オランウータン舎が出来上がり、「ユキ」が移動することになりました。

※1 ズーストック計画とは、「種の保存」のため東京都の動物園・水族園で飼育・展示されている野生動物の計画的な繁殖を図るというものです。
※2 ブリーディングローンとは、繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

(5) 当園での飼育状況

 8頭(オス3、メス5) ※ただし「ユキ」を除きます。

(6) 国内の飼育状況(2011年12月31日現在)

 12園館 33頭(オス18、メス15) ※資料:(公社)日本動物園水族館協会

【参考】

ボルネオオランウータン(ワシントン条約附属書1表、レッドデータブック絶滅危惧種、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Pongo pygmaeus
  • 英名
    Bornean orang-utan
  • 分類
    霊長目 ヒト科
  • 分布
    ボルネオ島
  • 生息地
    熱帯雨林
  • 習性等
    寿命は40~50年、チンパンジーやゴリラと並ぶ類人猿の一種。樹上生活に適した体を持ち、長い腕でゆっくりと枝から枝へ腕わたりをして森の中を移動する。一生のほとんどを樹上で生活する。体重はメスで40~50キログラム、オスで70~100キログラムぐらいで、飼育下ではそれより大型の個体も多くみられる。果実、木の実や種子、昆虫類など色々なものを食べる。グループはメスと1~2頭の子どもからなり、オスは単独生活者。14~15歳で成熟したオスはフランジと呼ばれる頬の張り出しやのど袋に二次性徴が現れる。

※ワシントン条約附属書1表の正しい表記はローマ数字です。

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

第29回全国都市緑化フェアTOKYO

イメージ

 東京都では、花と緑に関する全国的なイベント「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」を開催します。当園は、同フェアのサテライト会場として位置づけられています。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
多摩動物公園
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る