トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 8月 > 豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の施行認可

ここから本文です。

報道発表資料  2012年8月29日  都市整備局

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の施行認可について

 東京都は、都市再開発法第7条の9第1項の規定に基づき、豊洲二丁目駅前地区市街地再開発事業の個人施行を下記のとおり認可しますのでお知らせします。
 今回の施行認可により、「東京の都市づくりビジョン」で掲げる、センター・コアと東京湾ウォーターフロント都市軸を接続する立地特性を活かした土地利用転換を進め、周辺エリアと調和した景観の保全などにより、魅力ある水際の都市空間の創出が推進されることになります。

1 事業効果

  • 東京の国際競争力の向上に寄与する業務機能を配置するとともに、施行地区中央に海と街とを結ぶ開放的な広場空間を整備する
  • 現在の江東区豊洲文化センターの機能を更新し、行政及び文化機能を有したシビックセンターを整備することにより、豊洲地区の急激な人口増加に伴う行政機能の拡張と公益サービス機能の拡充を図る
  • シビックセンター・地下鉄豊洲駅・ゆりかもめ豊洲駅を一体として結ぶデッキを整備し、歩行者及び来訪者の利便性の向上を図る
  • 仮庁舎で消防活動を行っている深川消防署豊洲出張所の機能更新を図る

2 施行者(個人施行)の名称及び事務所の所在地

施行者

 三井不動産株式会社・江東区

事務所の所在地

 東京都中央区日本橋室町三丁目1番20号三井別館9階

3 事業の名称

 豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

4 施行区域

 東京都江東区豊洲二丁目地内

5 地区の概要

地区面積

 約3.4ヘクタール

施設概要

  • 事務所・商業棟
    規模:延べ面積 約243,163平方メートル 地下3階/地上31階塔屋1階 高さ 約180メートル
    用途:業務・商業施設
  • シビックセンター棟
    規模:延べ面積 約15,490平方メートル 地下1階/地上12階塔屋1階 高さ 約70メートル
    用途:公益施設
  • 消防署棟
    規模:延べ面積 約8,861平方メートル 地下1階/地上14階塔屋1階 高さ 約60メートル

主な地区施設等

 広場・緑地・歩行者通路等

総事業費

 約1,050億円

6 認可予定日

 平成24年8月30日(木曜)

7 認可の効果

 個人施行認可により、市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。

 (今後の予定)

  • 権利変換計画認可
    平成24年12月予定
  • 工事着手
    平成25年2月予定
  • 工事完了
    平成29年3月予定

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部民間開発課
 電話 03-5320-5138

〔参考資料〕

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

位置図

イメージ

配置図

イメージ

完成予想図

イメージ

ページの先頭へ戻る