トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 8月 > 24年度防災教育推進校 被災地高校との交流について

ここから本文です。

報道発表資料  2012年8月21日  教育庁

平成24年度防災教育推進校(都立第一商業高等学校)生徒による
東日本大震災被災地の高等学校との交流について

 東京都教育委員会では、昨年度から「東日本大震災被災県への東京都公立学校教員の派遣」事業を実施しています。
 この度、防災教育推進校に指定されている都立第一商業高等学校では、この事業で実際に宮城県の高等学校で支援活動を行った教員の経験を生かし、推進事業の一環として、実際に被災した宮城県の高校生との交流及び防災に関する研修会を下記のとおり実施しますので、お知らせいたします。

1 目的

 被災地の高校生との交流や被災・復興の状況を把握することを通して、災害時や復興における高校生の果たすべき役割を理解させ、自助・共助・公助の精神や社会貢献の意欲を高めるとともに、実践力を養う。
 また、参加した生徒が体験内容を報告し、学校での防災活動において中心的役割を果たすことで、全校生徒の防災に対する意識や社会貢献の意欲を高める。

2 日時

 平成24年8月28日(火曜日)及び平成24年8月29日(水曜日)

3 参加者

 生徒 15名(1年生4名、2年生5名、3年生6名)
 引率 6名(校長1名、教員5名)

4 訪問先

 宮城県立石巻西高等学校

5 内容

  1. 宮城県立石巻西高等学校生徒との交流
  2. 宮城県立石巻西高等学校長による防災に関する研修会
  3. 被災地の見学(石巻市立大川小学校、長面海岸、雄勝町立病院 他)
問い合わせ先
教育庁指導部高等学校教育指導課
 電話 03-5320-6898

ページの先頭へ戻る