トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 7月 > 23年度公立中学校卒業者の進路状況調査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2012年7月12日  教育庁

平成23年度公立中学校卒業者(平成24年3月卒業)の
進路状況調査の結果について

 この調査結果は、毎年度実施している公立学校統計調査のうち、平成24年3月に東京都の公立中学校を卒業した者の進路状況について、取りまとめたものです。
 なお、確定値及び詳細については、10月下旬に小学校・高等学校・特別支援学校等の進路状況を含めて、公立学校統計調査報告書「公立学校卒業者(平成23年度)の進路状況調査編」として公表する予定です。

1 調査結果

 別表(PDF形式:60KB)のとおり

2 調査対象

 都内公立中学校 629校(都立中学校を含む。)

3 調査期日

 平成24年5月1日現在

4 特徴

  1. 平成24年3月の公立中学校の卒業者は76,109人で、前年度74,271人と比べ1,838人増加した。(参考資料(1) 参照)
  2. 高等学校等進学率は97.70%で、前年度97.63%に比べ0.07ポイント増加し、過去最高となった。(参考資料(3) (5) 参照)
  3. 進学者以外の人数は専修学校等、就職者及び不詳・死亡は増加し、その他の者(在家庭者等)は減少した。

卒業者数に対する各進路の構成比の推移(過去10年間)

進学者数と全日制高等学校進学者の人数及び卒業者数に対する構成比
グラフ

進学者以外の人数及び卒業者数に対する構成比
グラフ

5 概要

(1) 進学者(就職進学者を含む。)

 進学者(就職進学者を含む。)は74,359人(97.70%)で、前年度72,508人(97.63%)と比べ1,851人増加し、進学率も0.07ポイント増加した。

  高等学校全日制進学者(高等専門学校等を含む。)は68,368人(89.83%)で、前年度66,504人(89.54%)と比べ1,864人増加した。進学率も0.29ポイント増加した。
  内訳は都内公立が41,508人、同私立が23,325人、同国立が280人で、都外(他県)への進学者は3,255人であった。
  高等学校定時制進学者は3,780人(4.97%)で、前年度3,838人(5.17%)と比べ58人減少した。進学率は0.20ポイント減少した。
  内訳は都内が3,763人、都外(他県)が17人であった。
  高等学校通信制進学者は1,147人(1.51%)で、前年度1,158人(1.56%)と比べ11人減少した。進学率も0.05ポイント減少した。
  特別支援学校高等部進学者は1,064人(1.40%)で、前年度1,008人(1.36%)と比べ56人増加した。進学率も0.04ポイント増加した。

(2) 専修学校等入学者

 専修学校等への入学者は663人(0.87%)で、前年度572人(0.77%)と比べ91人増加した。入学率も0.10ポイント増加した。

(3) 就職者

 就職者は361人(0.47%)で、前年度308人(0.41%)と比べ53人増加した。就職率は0.06ポイント増加した。

(4) その他の者

 その他の者は711人(0.93%)で、前年度878人(1.18%)と比べ167人減少した。その他の者の割合は0.25ポイント減少した。
  在家庭者は562人で、前年度722人と比べ、160人減少した。(参考資料(6) 参照)
 (ア) 進学希望者は197人(0.26%)で、前年度223人(0.30%)と比べ26人減少した。進学希望者の割合は0.04ポイント減少した。
 (イ) 就職希望者は84人で、前年度139人と比べ55人減少した。
 (ウ) 在家庭者のその他は281人で、前年度360人と比べ79人減少した。
   なお、281人のうち「家事・家業手伝い」は179人で、在家庭者のその他の63.70%を占めている。(参考資料(7) 参照)
  その他(在家庭者以外の者)は149人で、前年度156人と比べ7人減少した。
  なお、149人のうち「海外転出」は113人で、その他の75.84%を占めている。(参考資料(7) 参照)

(5) 不詳・死亡

 不詳・死亡は15人で、前年度5人と比べ、10人増加した。

※参考資料 参考資料(1)~(7)(PDF形式:89KB)

問い合わせ先
教育庁総務部教育情報課
 電話 03-5320-6732

ページの先頭へ戻る