トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 7月 > 今年は4羽のトキが育ちました~平成24年繁殖結果報告

ここから本文です。

報道発表資料  2012年7月30日  建設局

多摩動物公園情報
4羽のトキが育ちました
平成24年繁殖結果報告

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、環境省が進めるトキ保護増殖事業に協力するため、佐渡トキ保護センターから平成19年に2ペア、平成22年に1ペアと1羽のトキを預かり非公開での飼育を開始しました。今年はこの3ペアと当園生まれのつがいによる初めての計画繁殖外1ペアで繁殖を行いました。繁殖の結果22個産卵し、そのうち7羽ふ化し、その後4羽が無事に育ちましたことを報告いたします。

写真
ADペアが育てた今年のヒナ(両端)

1 成育実績

番号 性別 両親 産卵日 ふ化日 育すう方法
1 メス AD 3月30日 4月28日 Kペアによる自然育すう
2 オス AD 4月8日 5月9日 ADペアによる自然育すう
3 オス Z 4月8日 5月9日 ADペアによる自然育すう
4 メス AD 4月12日 5月11日 人工育すう

トキのペア

  Kペア オス 平成13年5月21日 佐渡トキ保護センター生まれ
メス 平成15年5月9日 佐渡トキ保護センター生まれ
ADペア オス 平成16年7月3日 佐渡トキ保護センター生まれ
メス 平成13年4月24日 佐渡トキ保護センター生まれ
Zペア オス 平成20年5月24日 佐渡トキ保護センター生まれ
メス 平成20年4月17日 佐渡トキ保護センター生まれ
ホペア(計画繁殖外ペア) オス 平成21年5月4日 多摩動物公園生まれ
メス 平成21年5月12日 多摩動物公園生まれ

※産卵はビデオモニターにより確認しますが、一部は推定日も含みます。
※上記自然育すうでは、ふ化後1週間程度人の手で育てたヒナを巣に戻し、親または仮親が育てました。
※Kペアが9個、ADペアが4個、Zペアが6個、ホペア(計画繁殖外)が3個の合計22個産卵しています。7羽ふ化したのち、3羽は死亡しました。
※「計画繁殖外」とは、送信機の装着影響試験ほか繁殖行動調査のためにペアリングさせたペアで繁殖計画に基づかない繁殖をいいます。

2 飼育の経緯

 多摩動物公園でトキを飼育することになったのは、鳥インフルエンザ等の感染症対策のためです。特定の施設のみで飼育している場合、感染症が発生すると、一瞬にして全滅してしまう危険があります。このため、40年以上にわたり佐渡トキ保護センターでの飼育繁殖のために技術協力してきた都立動物園の中で、保全活動の調整機能をもつ野生生物保全センターのある多摩動物公園で平成19年12月より飼育しています。

3 公開について

 環境省の指示により非公開としています。ご了承下さい。

【参考】トキ(国の特別天然記念物、国際保護鳥)

  • 学名
    Nipponia nippon
  • 英名
    Japanese crested ibis
  • 分類
    コウノトリ目 トキ科
  • 分布
    野生のトキは20世紀初頭には、中国、ロシア、朝鮮半島、台湾、日本など、東アジア一帯に広く分布しており、決して珍しい鳥ではなかった。日本でも江戸時代、北海道から九州までほぼ全国に生息していた。その後、乱獲と生息環境の悪化により東アジア一帯で減少が進み、中国を除き絶滅している。現在、野生のトキが生息しているのは、中国陝西省(せんせいしょう)洋県と寧陝県(ねいせいけん)付近と新潟県佐渡付近のみ。
  • 生息地
    水田や湿地、川など
  • 習性
    一年中ほぼ同じ場所に生息し、非繁殖期には群れを作り集団で生活する。ドジョウ、サワガニ、カエル、タニシ、昆虫など、もっぱら動物性の餌を食べる。
  • 繁殖
    1月頃より首から背中がグレーの繁殖羽になり、ペアでの交尾が確認されるようになる。大木に小枝を組んだ直径60~80センチメートル程度の巣を作り、3月頃には産卵を開始する。卵は1日おきに1個ずつ、合計3個から4個を産卵する。有精卵だった場合、ふ化までの日数は約28日。ふ化後約2ヶ月で巣立ちを迎える。

日本国内の飼育状況(2012年7月30日現在 放鳥個体を除く)

  佐渡トキ保護センター   105羽(うち2012年生 15羽)
佐渡トキ野生復帰ステーション 46羽(うち2012年生 12羽)
多摩動物公園 13羽(うち2012年生 4羽)
いしかわ動物園 14羽(うち2012年生 6羽)
出雲市トキ分散飼育センター 8羽(うち2012年生 4羽)
長岡市トキ分散飼育センター 13羽(うち2012年生 9羽)
合計199羽(うち2012年生 50羽)

中国の飼育状況

 2011年、野生トキは1,045羽に達し、北京動物園や陝西省トキ救護飼養センター等の飼育下のトキと合わせると1,664羽です。公益財団法人日本鳥類保護連盟資料による

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
 8月の土曜・日曜すべてと8月13日(月曜)~15日(水曜)は、9時30分~20時00分(入園は19時00分まで)。
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
 8月15日(水曜)は開園します。
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

第29回全国都市緑化フェアTOKYO

東京都では、花と緑に関する全国的なイベント「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」を開催します。当園は、同フェアのサテライト会場として位置づけられています。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
(多摩動物公園)
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る