トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 7月 > 児童福祉施設等の給食用食材の放射性物質検査

ここから本文です。

報道発表資料  2012年7月12日  福祉保健局

児童福祉施設等を対象とした給食用食材の
放射性物質の検査について

 福祉保健局は、今般、国が安心こども基金を活用した新たな制度を創設したことから、区市町村が実施している保育施設の給食用食材の放射性物質検査を支援するため、保育施設をはじめとする児童福祉施設等を対象とした給食用食材の放射性物質の検査を実施することとします。

1 検査対象及び検査方法

(1) 給食提供前の食材検査

 都において、検査機器(ヨウ化ナトリウム(NaI)シンチレーションスペクトロメータ)を購入し、給食提供前の食材をスクリーニング検査します。

(2) 給食一食全体の検査

 2区市町村からそれぞれ1施設程度を選定し、実際に使用した給食丸ごと一食を継続的に検査します。都は、区市町村が実施した検査経費を支援します。

2 対象施設

(1) 給食提供前の食材検査

 児童福祉施設等(保育施設、乳児院、児童養護施設等)のうち、給食を継続的に提供する施設で、区市町村及び施設設置者が希望する施設

(2) 給食一食全体の検査

 児童福祉施設等のうち、給食を継続的に提供する施設で、区市町村が希望する施設
※上記(1) 、(2) については、区市町村等に意向調査を実施します。

3 検査開始時期

 9月を目途に開始します。

4 公表方法

 都は、検査結果をホームページで公表します。

問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部計画課
 電話 03-5320-4112

ページの先頭へ戻る