トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 6月 > 「東京の物価」24年5月分(中旬速報値)

ここから本文です。

報道発表資料  2012年6月20日  総務局

「東京の物価」平成24年5月分(中旬速報値)
東京都区部消費者物価指数の公表について

 この「東京の物価」は、総務省統計局が平成24年5月25日に公表した消費者物価指数の内容に、詳細なデータを追加し収録したものです。

  • 「総合指数」の前月比は4か月ぶりのマイナス
    10大費目では、教育(前月と同水準)以外、全て下落
  • 前年同月比は10か月連続のマイナス
    「総合指数」は99.2、前月比で0.3%の下落、前年同月比で0.5%の下落
    「生鮮食品を除く総合指数」は前月比で0.2%の下落、前年同月比で0.8%の下落

主な内容

(1) 平成24年5月の東京都区部消費者物価指数(中旬速報値)は、平成22年平均を100とした「総合指数」で99.2となり、前月比で0.3%の下落、前年同月比で0.5%の下落となった。
 総合指数の前月比がマイナスとなるのは、1月以来4か月ぶりである。
 これは、10大費目でみると、生鮮野菜が値下がりした「食料」、テレビなど教養娯楽用耐久財が値下がりした「教養娯楽」をはじめ、「教育」(前月と同水準)以外の9費目が、全て前月に比べて下落となったことによる。
 ただし、10大費目の全てにおいて前月比で-1.0%~0.0%の範囲内に収まっており、前月からの変動は小幅であった。
 なお、総合指数の前年同月比がマイナスとなるのは、昨年8月以降10か月連続である。

(2) 平成24年5月の「生鮮食品を除く総合指数」は99.1となり、前月比で0.2%の下落、前年同月比で0.8%の下落となった。

《参考》東京都区部 家庭用耐久財の指数の推移

 家庭用耐久財(ルームエアコンのような家電製品など)の指数は、前年同月比でマイナスが続いている。今年4月からは、「家電エコポイント制度」が終了して1年経過したが、前年同月比で20%を超える下落となっている。

 詳しい内容・データ等は、統計情報のページの東京都の統計・東京の物価に掲載しています。

問い合わせ先
総務局統計部社会統計課
 電話 03-5388-2552

ページの先頭へ戻る